Memo/Linux/Fluentd-Bit(td-agent-bit)

https://dexlab.net:443/pukiwiki/index.php?Memo/Linux/Fluentd-Bit%28td-agent-bit%29
 

Fluentd-Bit(td-agent-bit): 高速で軽量なログ転送プログラム

  • TD Agent Bit | 対応OS
    • Ubuntu/Debian/Raspbian/CentOS
    • CentOS 6の公式パッケージは無い
  • Memo/Linux/Fluentd(td-agent)との比較
    • Fluentd & Fluent Bit 公式の比較表。メモリ使用量が非常に少ない
    • Fluentdはruby製。Fluentd bitは C言語製 で低機能な分、軽量、小リソース
    • IoT、組み込みでも利用可能。ビルドオプションで、plugin削減すればさらに小さくなる。
    • Fluentdと較べて、スループットが約2倍と高速
    • プラグイン機構。.soファイルなので環境毎にコンパイルする必要あり: https://github.com/fluent/fluent-bit#plugins-inputs-filters-and-outputs
    • コンテナ環境: dockr, Kubernetes, AWS EKS に対応
    • 設定ファイルの書式はFluentdとは互換性が無い

plugin

  • tail
    • v1.5: logrotateのcopytruncateにも対応と記載がある。

AWS kinesis firehose

  • Kinesis専用のjava製agent(aws-kinesis-agent)もAWSが開発している。Java製なので、OS問わず動く。

Kubernetes/AWS EKS


CentOS 6向けのビルド


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-18 (金) 19:03:16 (37d)