Memo/Raspberry_Pi

https://dexlab.net:443/pukiwiki/index.php?Memo/Raspberry_Pi
 

Raspberry Pi

元々はイギリスで教育用に開発されたスモールコンピュータ。
ARM CPU(700MHz)、メモリ(256MB/512MB)、SDカード(ストレージ)、有線LAN、HDMI、USB電源で動作する。
デフォルトOSはDebianをカスタムしたRaspbian。
GPIO端子でLED等周辺機器を制御できる。


I2Cデータ転送速度変更

  1. 10Kbit/sへ変更する場合
    sudo bash -c "echo dtparam=i2c_baudrate=10000 >> /boot/config.txt"
    sudo reboot
echo 0x$(xxd /sys/class/i2c-adapter/i2c-1/of_node/clock-frequency | cut -f 2,3 -d ' ' --output-delimiter='') | xargs printf "%d\n"
10000

dmesg | grep i2c
# baudrateのログは無い

sudo ls /sys/module/i2c_bcm2835/parameters/
debug # debugしか無い。

# bcm2708では以下のファイルがあるらしい
sudo cat /sys/module/i2c_bcm2708/parameters/baudrate

照度センサ

  • BH1750
    • HiLetgo? BH1750FVI のi2cdetectのアドレスは「0x23」。1個180円だった。

ロボット


監視カメラ


Cloud Pi: 容易にNAT越えを可能とするP2Pトンネルシステム

  • http://cloudpi.tokyo/
    • ソフトウェアで実現
    • プラネックスコミュニケーションズ株式会社製
    • 有償 3,719円

アクセス制限

いずれかの方法がある

  • iptables-persistent : 対話形式で聞いてくるのでIPv4だけにする
    • 例: sshだけ許可する
      sudo aptitude install iptables-persistent
      sudo vim /etc/iptables/rules.v4
      ----
      *filter
      :INPUT ACCEPT [0:0]
      :FORWARD ACCEPT [0:0]
      :OUTPUT ACCEPT [0:0]
      -A INPUT -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT
      -A INPUT -p icmp -j ACCEPT
      -A INPUT -i lo -j ACCEPT
      -A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 22 -j ACCEPT
      -A INPUT -j REJECT --reject-with icmp-host-prohibited
      -A FORWARD -j REJECT --reject-with icmp-host-prohibited
      COMMIT
      ----
      sudo service iptables-persistent restart
      sudo chkconfig iptables-persistent on
  • iptables : CentOS等で慣れてる場合で手動で管理したい場合
    sudo aptitude install iptables
  • ufw : Ubuntu等で慣れてる場合
    sudo aptitude install ufw

デフォルト設定

  • /etc/default/ に色々ある
    keyboard
    locale

他PCからRPiを見つけられるようにする

Windows/MacOSXからのネットワークからRPiを簡単に見つけられるように、「avahi-daemon」をインストール。Bonjour互換

  • WindowsはiTunesに含まれる「Bonjour」のインストールが必要。WinRARであれば、iTunes64Setup.exe から Bonjour64.msi だけを取り出せた
  • MacOSXはデフォルトで入っているため不要
  • 「hostname.local」でアクセスできるようになるはず。/etc/hostsに「127.0.1.1 hostname」が追加される
    sudo apt-get update
    sudo apt-get install avahi-daemon

自動認識しない無線LANアダプタ

  • BUFFALO WLI-UC-GN の場合、lsusbで見ると認識されているが、ドライバが正しく入っていないようだ
    lsusb
    ...
    Bus 001 Device 004: ID 0411:014f BUFFALO INC. (formerly MelCo., Inc.)
    • 手動でインストール。ただし、再起動すると消えてしまう
      sudo su -
      modprobe rt2800usb
      echo "0411 014f" > /sys/bus/usb/drivers/rt2800usb/new_id
      
      ifconfig
      # wlan0が出れば成功
    • 再起動後も有効になるように設定
      sudo su -
      echo "rt2800usb" >> /etc/modules
      echo 'install rt2800usb /sbin/modprobe --ignore-install rt2800usb; /bin/echo "0411 014f" > /sys/bus/usb/drivers/rt2800usb/new_id' > /etc/modprobe.d/wli-uc-gn.conf
      modprobe rt2800usb

無線LANアダプタの設定

  • DHCPの設定例
    • Security Mode: WPA2 Personal, WPA Algorithms: AES の場合
      wpa_passphrase <SSID> <PASSWORD>  >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
      
      vim /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
      ----
      network={
              ssid="<SSID>"
              scan_ssid=0
              proto=RSN
              key_mgmt=WPA-PSK
              pairwise=CCMP
              group=CCMP
              #psk="<PASSWORD>"
              psk=********
      }
      ----
      
      vim /etc/network/interfaces
      ----
      auto lo
      
      iface lo inet loopback
      iface eth0 inet dhcp
      
      auto wlan0
      allow-hotplug wlan0
      iface wlan0 inet dhcp
      wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
      iface default inet dhcp
      wireless-power off
      ----
    • up/downしてテスト
      sudo ifdown wlan0
      sudo ifup wlan0
      ifconfig
    • 速度低下や切断防止に「Power Management:off」かをチェック
      iwconfig
      ...
      wlan0     IEEE 802.11bgn...
                Power Management:off

デプロイマネージメント

  • 初期セットアップ、毎回行うような処理はデプロイツールを使うと便利
  • Memo/Ansibleが使えた

NSX-39 ポケミクとの接続


BIOSの書き換え

flashromが使える。


GPIO

  • スイッチ類
  • ライブラリ
    • RPi.GPIO pythonでGPIOを扱うモジュール
    • WiringPi CUIから「gpio」コマンドが使えるようになる
    • WiringPi · GitHub 他言語向けWiringPi?実装? Python, PHP, Ruby, Perl

音声合成

  • 事前に音を鳴らす準備をしておく
  • テスト
    # aquestalkpi-20130827.tar.gz をWebからダウンロード
    tar xvfz aquestalkpi-20130827.tar.gz
    cd aquestalkpi/
    
    ./AquesTalkPi "ゆっくりしていってね?" | aplay
  • テキストファイルから読み上げる
    ./AquesTalkPi -f test.txt | aplay
  • 声種(-v), 棒読み(-b), 速度(-s)、音量(-g)を指定
    ./AquesTalkPi -v f2 -s 80 -g 50 -b "漢字も読めるよ" | aplay
  • 標準入力(-f -)から読ませる
    date +"%H時%M分%S秒だよ" | ./AquesTalkPi -f - -s 80 -b | aplay

CUIから音を鳴らす

  • 準備
    # ミキサーの確認。numid=3のようだ
    amixer controls
    numid=3,iface=MIXER,name='PCM Playback Route'
    numid=2,iface=MIXER,name='PCM Playback Switch'
    numid=1,iface=MIXER,name='PCM Playback Volume'
    numid=5,iface=PCM,name='IEC958 Playback Con Mask'
    numid=4,iface=PCM,name='IEC958 Playback Default'
    
    # 音声出力先をアナログに設定(1:アナログ、2:HDMI、3:auto)
    amixer cset numid=3 1
    
    # テスト。ノイズが再生されたらOK
    aplay /usr/share/sounds/alsa/Noise.wav
  • 音量を上げる。numid=1
    # 現在の音量の確認。values=-1725
    amixer cget numid=1
    numid=1,iface=MIXER,name='PCM Playback Volume'
      ; type=INTEGER,access=rw---R--,values=1,min=-10239,max=400,step=0
      : values=-1725
      | dBscale-min=-102.39dB,step=0.01dB,mute=1
    
    # 音量を90%に設定
    amixer cset numid=1 90%
    numid=1,iface=MIXER,name='PCM Playback Volume'
      ; type=INTEGER,access=rw---R--,values=1,min=-10239,max=400,step=0
      : values=-662
      | dBscale-min=-102.39dB,step=0.01dB,mute=1
  • 再起動しても有効なように、現在の設定を保存(/var/lib/alsa/asound.state)
    sudo alsactl store
  • VLCでmp3他多数のファイルを再生する。Xからなら動画もOK
    sudo aptitude install vlc
    
    # mp3,ogg,wavを再生。中止はCtrl + C
    cvlc -q --aout alsa /usr/lib/python2.7/dist-packages/pygame/examples/data/house_lo.mp3
    cvlc -q --aout alsa /usr/lib/python2.7/dist-packages/pygame/examples/data/house_lo.ogg
    cvlc -q --aout alsa /usr/lib/python2.7/dist-packages/pygame/examples/data/house_lo.wav

温度/湿度/気圧計測

  • BME280: 温度/湿度/気圧
  • BMP280: 気圧
  • SI7021: 温度/湿度

Zabbix Agentのインストール

  • Raspbian標準リポジトリには 1.8.11 が入っていた。Serverと同じバージョンが良いが、このままでも使える。zabbix 2.0のLinuxテンプレートではCPU Loadは取得できない。「percpu」を使わないアイテムを別途作れば可能 Zabbix Agent から system.cpu.load 値の取得が出来なかったので調査した記録 | Check!Site
    aptitude show zabbix-agent
    
    Package: zabbix-agent                    
    State: not installed
    Version: 1:1.8.11-1
    
    sudo aptitude install zabbix-agent
    sudo vim /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
    ----
    Server=192.168.1.100
    ListenIP=192.168.1.110
    ----
    sudo service zabbix-agent restart
    
    # ローカルでテスト
    zabbix_agentd -t agent.ping
    agent.ping                                    [u|1]
    
    # ファイアウォール設定
    
    # Zabbix Serverからテスト 1 ならOK
    zabbix_get -s 192.168.1.110 -k agent.ping
    1
  • Segmentation faultで失敗 wheezy-backportsにzabbix 2.0.9があるのでRaspbianにインストールする場合
    wget http://ftp.jp.debian.org/debian/pool/main/d/debian-archive-keyring/debian-archive-keyring_2012.4_all.deb
    sudo dpkg -i debian-archive-keyring_2012.4_all.deb
    
    sudo vim /etc/apt/sources.list.d/wheezy-backports.list
    ----
    deb http://ftp.debian.org/debian/ wheezy-backports main
    deb-src http://ftp.debian.org/debian/ wheezy-backports main
    ----
    sudo aptitude update
    aptitude -t wheezy-backports show zabbix-agent
    
    sudo aptitude -t wheezy-backports install zabbix-agent
    
    ...
    [....] zabbix_agentd starting...Segmentation fault
    
    # アンインストール
    sudo aptitude remove zabbix-agent

cron logの有効化

  • Raspbian だとデフォルトは無効になっている
    sudo vi /etc/rsyslog.conf
    ----
    cron.*   /var/log/cron.log
    ----
    sudo service rsyslog restart

hostname変更

  • Raspbian
    hostname pi.example.com
    sudo vi /etc/hostname
    ----
    pi.example.com
    ----
    
    sudo vi /etc/hosts
    ----
    127.0.1.1  raspberrypi pi.example.com
    ----

独自サービスの追加

  • sysv-rc-conf は何故か設定しても自動起動しなかった
  • chkconfigも使える
    sudo aptitude install chkconfig
  • insservを使う方法 例:filevpnserver.Raspbian
    sudo vim /etc/init.d/hoge
    ----
    ...
    ----
    sudo chmod +x /etc/init.d/hoge
    
    # 登録
    sudo insserv -d hoge
    
    # 一覧
    insserv -s
    
    # 削除
    sudo insserv -r hoge

SoftEther? VPNでVPN Server

  • Raspbian
  1. static ipを割り当てておく
  2. SoftEther ダウンロード センター
    • ダウンロードするソフトウェア: SoftEther? VPN(Freeware)
    • コンポーネントを選択: SoftEther? VPN Server
    • プラットフォームを選択: Linux
    • CPUを選択: ARM EABI(32bit)
  3. Install
    sudo su -
    cd /usr/local/src/
    wget http://jp.softether-download.com/files/softether/v2.00-9387-rtm-2013.09.16-tree/Linux/SoftEther%20VPN%20Server/32bit%20-%20ARM%20EABI/softether-vpnserver-v2.00-9387-rtm-2013.09.16-linux-arm_eabi-32bit.tar.gz
    tar xvfz softether-vpnserver-v2.00-9387-rtm-2013.09.16-linux-arm_eabi-32bit.tar.gz
    cd vpnserver
    make
    
    chmod 600 *
    chmod 700 vpncmd vpnserver
    
    cd ..
    mv vpnserver /usr/local/
    chmod 755 /usr/local/vpnserver
    rm softether-vpnserver-v2.00-9387-rtm-2013.09.16-linux-arm_eabi-32bit.tar.gz
  4. Check
    /usr/local/vpnserver/vpncmd
    ...
    Select 1, 2 or 3: 3
    
    VPN Tools>help
    You can use the following 5 commands:
     About         - Display the version information
     Check         - Check whether SoftEther VPN Operation is Possible
     MakeCert      - Create New X.509 Certificate and Private Key
     TrafficClient - Run Network Traffic Speed Test Tool in Client Mode
     TrafficServer - Run Network Traffic Speed Test Tool in Server Mode
    
    To reference the usage for each command, input "command name /?" to view a help.
    The command completed successfully.
    
    VPN Tools>check
    
    VPN Tools>exit
  5. startup script : filevpnserver.Raspbian
    chmod +x /etc/init.d/vpnserver
    insserv -d vpnserver
    
    insserv -s | grep vpnserver
    K:01:0 1 6:vpnserver
    S:01:2 3 4 5:vpnserver
  6. ログの圧縮と90日を経過したログの削除
    sudo crontab -e
    ----
    5 1 * * * ( LOG_DIR="/usr/local/vpnserver/"; /usr/bin/find $LOG_DIR -follow -name "*.log" -type f -mtime +1 -exec /bin/gzip {} \; ; /usr/bin/find $LOG_DIR -follow -name "*.gz" -type f -mtime +90 -delete; )
    ----
  7. 起動
    service vpnserver start
    • 設定ファイル: /usr/local/vpnserver/vpn_server.config
    • ログファイル: /usr/local/vpnserver/server_log/vpn_YYYYMMDD.log, /usr/local/vpnserver/security_log/
  • WindowsPCにSoftEther? VPN Managerのインストール
  1. SoftEther ダウンロード センター
    • ダウンロードするソフトウェア: SoftEther? VPN(Freeware)
    • コンポーネントを選択: SoftEther? VPN Serer Manager for Windows
    • プラットフォームを選択: Windows
    • CPUを選択: Intel
  2. softether-vpnserver_vpnbridge-v2.00-9387-rtm-2013.09.16-windows-x86_x64-intel.exe を実行
  3. SoftEther? VPN サーバー管理マネージャ(管理ツールのみ)をインストール
  4. SoftEther? VPN サーバー管理マネージャ を起動
  5. 新しい接続設定
    • 接続設定名:My VPN
    • 接続先 VPN Server の指定
      • ホスト名:VPN SERVER IP
      • ポート番号:443 or any
      • パスワード欄は初期設定のため空欄のままで良い
  6. 接続
  7. 新しいパスワード設定:
  8. リモートアクセス VPNサーバ : checked
  9. 仮想HUB名 : MyHUB
  10. DynamicDNS : 使用しない
  11. IPsec / L2TP / EtherIP / L2TPv3 サーバ機能の設定
    • checked: L2TPサーバ機能を有効にする(L2TP over IPsec)
    • checked: L2TPサーバ機能を有効にする(暗号化されていない L2TP)
    • checked: EtherIP / L2TPv3 over IPsecサーバ機能有効
    • IPsec 事前共通鍵:******** (MacOSXで使用)
  12. checked: VPN Azureを無効にする
  13. VPN接続を受け入れるためのユーザの作成 > ユーザを作成する
    • user01
    • ローカルブリッジの設定: eth0
  • ルーターの設定
  1. グローバルIP:443(default) から VPN Serverへのstatic routeを設定する

static IPを割り振る

デフォルトはDHCP

  • static IP:192.168.1.100 とする場合
  • Raspbian
    sudo vi /etc/network/interfaces
    ----
    auto lo
    
    iface lo inet loopback
    #iface eth0 inet dhcp
    
    # static ip
    iface eth0 inet static
    address 192.168.1.100
    netmask 255.255.255.0
    gateway 192.168.1.1
    # /static ip
    
    allow-hotplug wlan0
    iface wlan0 inet manual
    wpa-roam /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
    iface default inet dhcp
    ----
    
    # 再起動する
    sudo shutdown -r now

Minecraft: Pi Edition

raspbian-minecraft-0.1.1.jpg

  • http://pi.minecraft.net/
    • Raspbian "wheezy" with XWindows 向け
    • ポケットエディションベース、シングルプレイ:クリエイティブモードのみ(v0.1.1 alpha)
    • python(default), Ruby でプログラミング可能
  • インストール
  1. LXTerminalを開く
    wget https://s3.amazonaws.com/assets.minecraft.net/pi/minecraft-pi-0.1.1.tar.gz
    tar xvfz minecraft-pi-0.1.1.tar.gz
    cd mcpi/
    ./minecraft-pi

Scratch: 子供向けプログラミング環境


スクリーンショットを取る

  • raspi2png
    wget -O raspi2png.zip https://github.com/AndrewFromMelbourne/raspi2png/archive/master.zip
    unzip raspi2png.zip
    cd raspi2png-master/
    sudo apt-get install libpng12-dev
    make
  • 実行: snapshot.pngとして保存される
    ./raspi2png

ソフトウェア、kernel、GPUファームウェアの更新

  • ソフトウェアの確認
    sudo aptitude update
    sudo aptitude upgrade
  • kernel, GPUファームウェアの更新
    # GPUファームウェア更新
    sudo rpi-update
    
    # 再起動
    sudo reboot
    
    # kernel確認
    uname -a
    Linux raspberrypi 3.12.24+ #694 PREEMPT Tue Jul 15 17:34:35 BST 2014 armv6l GNU/Linux
    
    # GPUファームウェア確認
    sudo /opt/vc/bin/vcgencmd version
    Jul 20 2014 16:07:56 
    Copyright (c) 2012 Broadcom
    version d8cfa5ccd979ca458fef97e87c14eb804c93762b (clean) (release)

ディストリビューション

  • NOOBS
    • SDカードをフォーマットして、ファイルをコピー。各OSをオフラインやネットワークインストールする
    • microSDが大容量(4GB〜)、複数のOSを試したい時や、頻繁にOSを再インストールする場合
    • 起動時にshiftキー押しっぱなしでOS選択画面が出る
  • Raw Images
    • ddを使ってSDカードに書き込む。
    • SDカードの容量が小さい(2GB〜4GB)の時、長期にわたってOSの入れ替えが無いケース
  • Weston on Raspberry Pi X Window System に代わりwaylandディスプレイマネージャを使う事でGPUを利用し軽量なデスクトップ環境を実現。テスト段階なので不安定かも

NOOBS : 複数のディストリビューションをメニューから選択してインストール

  • 各種ディストリビューション(Raspbian, OpenELEC, Pidora等をインストールできる)
  • noobs/README.md よく読む
  • 4GB以上のSDカードを用意(相性問題があるのため動作確認が取れているカードを使うのが無難)
  • 再インストールは起動時にSHIFTキー押しっぱなしでRecovery Menuが出る
  • 複数選択した場合は、起動時にOS選択メニューが出る
  1. PCでSD Formatter 4.0 for SD/SDHC/SDXC - SD Association FORMAT SIZE ADJUSTMENT:ON, でフォーマット
  2. NOOBSをダウンロード。ここではoffline版
  3. NOOBS_v1_3.zip を展開。(NOOBS Lite はネットワークインストール専用のためSDカード容量が少なくても良いと思う)
  4. 全てのファイルをSDカードのルートにコピー
  5. Raspberry Piに、マウス、キーボード、ディスプレイ、LAN等を差し込んでから電源ON
  6. NOOBSのメニューが表示されるので、OSを選択
    • Language: English(US) (日本語もあるが、localeが変更されraspi-configが化けるため英語)
    • Keyboard: jp
  7. Raspbian にチェック
  8. Install
  9. "SDカード上のデータが上書きされるが良い?"と聞いてくるので"Yes"
  10. 1639MBを書き込むのに0.5〜1.4MB/sec(ADATA class4)位なので、約15分程
  11. インストールが終わると自動的に再起動する

OpenELEC : XBMC メディアプレイヤー


Pidora : Fedora系

RedHat?/CentOS系に慣れた人は良さそう

  • pidora
    • Fedora RemixをRaspberry Piに最適化したもの
  • Fedora Remix
    • FedoraのARM CPU向けのディストリビューション
  • インストール
  1. 初期設定が始まる
    • Welcome: Forward
    • License Infomation: Forward
    • Keyboard: Japanese
    • Create User: Username:pidora, Password: ********
    • Root User: Password: ********
    • Date and Time:
    • Time Zone:
    • Filesystem:
    • System Settings:

Raspbian : debian系(デフォルト)

raspbian-7.1.jpg

  • インストール
  1. raspi-configが自動起動するので設定
    • Expand Filesystem: パーティションの設定。NOOBSは特に設定なし
    • Change User Password: piユーザのパスワードを変更
    • Enable Boot to Desktop/Scratch: デフォルトで起動するUIを選択。
    • Internationalisation Options:言語、タイムゾーン、キーボードレイアウトの設定
      • Change Locale: en_US.UTF-8
      • Change Timezone: Asia > Tokyo
      • Change Keyboard Lauout: Generic 105-key (Intl) PC > Other > Japanese > The default for the keyboard layout
    • Enable Camera: Carameモジュールを接続している場合
    • Add to Rastrack:
    • Overclock:
    • Advanced Options:
      • A4 SSH: Enabled
      • A5 Update: raspi-config自身のネットワークアップデートを行う
    • About raspi-config:
  2. Finishで終了
  3. ifconfigでIPアドレスを調べる
    ifconfig
  4. 外からsshで接続できるか確認
    • default user: pi
    • default password: raspberry
      ssh pi@IPアドレス
      
      # rootになれるか
      sudo su -
      
      # rootユーザのパスワード変更
      passwd
  • NOOBS_v1_3.zipでインストールした場合のバージョン情報
    uname -a
    Linux raspberrypi 3.6.11+ #538 PREEMPT Fri Aug 30 20:42:08 BST 2013 armv6l GNU/Linux
    
    cat /etc/debian_version
    7.1
  • 再設定
    sudo raspi-config
  • Xの起動
    startx
    • Xの終了: 左下のメニュー > Logout または 右下の電源マークからLogout
  • 再起動とシャットダウン
    #再起動
    sudo /sbin/shutdown -r now
    
    # シャットダウン
    sudo /sbin/shutdown -h now
  • 使い慣れたツール導入
    sudo aptitude install vim chkconfig
  • 日本のNTPサーバを設定
    sudo aptitude install ntpdate
    sudo service ntp stop
    sudo ntpdate ntp.nict.jp
    sudo perl -p -i -e 's#^(server \d+.debian.pool.ntp.org iburst)$#\#$1#' "/etc/ntp.conf"
    sudo vim /etc/ntp.conf
    ----
    server ntp.nict.jp
    server ntp.jst.mfeed.ad.jp
    server ntp.ring.gr.jp
    ----
    sudo service ntp restart
    chkconfig ntp on
  • メモリ節約
    sudo vim /etc/inittab
    ----
    #2:23:respawn:/sbin/getty 38400 tty2
    #3:23:respawn:/sbin/getty 38400 tty3
    #4:23:respawn:/sbin/getty 38400 tty4
    #5:23:respawn:/sbin/getty 38400 tty5
    #6:23:respawn:/sbin/getty 38400 tty6
    ----
    reboot
  • ソフトウェアとGPUファームウェアの更新
    sudo aptitude update
    sudo aptitude upgrade
    sudo rpi-update
    sudo reboot

購入

  • HiLetgo JP @ Amazon.co.jp:
    • 中国から発送される。センサー類が安い。品物はちゃんと届いた。到着まで10日前後かかる。

書籍


GPIO/ブレッドボード/その他


ケース


HDMI/DVIケーブル

  • HDMI、HDMI-DVI変換ケーブルで接続できる
  • Pi Zero/W はmini-HDMIなので変換アダプタ、mini-HDMIケーブルが必要
  • ノーマルHDMI
  • mini-HDMI

WiFi? USBアダプタ

  • Raspberry Piで動作実績があるチップ
    • Realtek Linux Driver
      • RTL8188CUS (Planex製品が多い)
    • Ralink Linux Driver
      • RT3070 (Buffalo製品他)
      • RT2870 (Buffalo製品他)

SDカード

OSをSDカードにインストールするので必須。

  • 動作確認: http://elinux.org/RPi_SD_cards
    • 容量4GB以上、Class4以上
    • 相性がシビア。bootしなかったり、エラーが出る物も多いようだ
  • 実際に試してOKだったもの
    • A-DATA 16GB (型番不明)
    • Transcend microSDHCカード 16GB Class10 TS16GUSDHC10E

電源

  • microUSB端子。本体にスイッチは無いので、電源ケーブル繋ぐとON。
  • Raspberry Pi 3は5V, 2.5A 以上
  • 2/Zero/等はmicroUSB端子, 5V, 500mAh 以上
  • USB機器(WiFi?,USBメモリ,etc)を繋ぐ場合、700mA以上のもの。デフォルトの500mAでは足りず、不安定になる場合もある。
  • USBキーボード/マウスを認識しない場合、USBハブのバスパワーではなくACアダプタ経由で繋いだら動作した

本体

モデルに種類があるが、個人的には

  • 性能重視: RPi 3B+
  • 小型/安値重視: RPi zero WH
    • RPi zero WはWHより安いが1人1個制限のショップが多い。
    • wifi不用であれば、RPi zeroが安いが、1人1個制限のショップが多い。
  • 基本は、本体、簡単な説明書のみで、他には何も付属していない。
  • 他には、microUSB電源、microUSBケーブル、microSDメモリカード、HDMIケーブル(またはmini-HDMI)、キーボード、マウス(Xを使う場合)、LANケーブル(wifi搭載機は不用)が必要
  • SDカードが刺さっていないと、ディスプレイには何も表示されない。問題ない場合はカラーグラデーションがディスプレイに表示される
  • ModMyPi イギリス。支払い:PayPal?/クレジット/デビット/ビットコイン。ケース付き約5500円(Type B: £24.99 + ケース必須: £4.16 + 送料(EMS): £7.99)
    • 送料: グローバル航空便(5-15営業日)£5 / 航空便グローバル署名付き+追跡(3-15営業日)£7.99 / DHLエクスプレス(1-4営業日)£39.99
    • 2017-05-19: Raspberry Pi Zero Wあり。1人1個まで。
  • Pimoroni - Raspberry Pi, Adafruit, SparkFun from the UK イギリス。支払い:PayPal?/Amazon pay/クレジット/ビットコイン
    • 送料: International Standard (5-10 business days) £5 / Royal Mail Tracked & Signed £8 / UPS Saver (1 business day) £27.70
    • 2017-05-19: Raspberry Pi Zero Wあり
  • RSオンライン 本体のみ約3910円(Type B: £26.00 + 送料:0)、初期は配送が非常に遅い(16週間)トラブルがあった

添付ファイル: fileTEMPerV1.4-zabbix.jpg 402件 [詳細] fileTEMPerV1.4.jpg 533件 [詳細] filetemper.localtime.patch 474件 [詳細] filevpnserver.Raspbian 507件 [詳細] fileraspbian-minecraft-0.1.1.jpg 486件 [詳細] fileraspbian-7.1.jpg 393件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-14 (水) 18:53:23 (2d)