Memo/Android/AIR

http://dexlab.net/pukiwiki/index.php?Memo%2FAndroid%2FAIR
 

AIR for Android

  • 開発に必要なもの
    • Adobe Flash CS5/Flex等のswfを生成可能なソフト
    • Android SDK
    • Adobe AIR for Android
  • 端末動作に必要なもの
    • Android端末
    • Android OS 2.2 or later
    • Adobe Flash 10.1 for Android (2010/6/22 UTC)
    • Adobe AIR for Android

機種判定

URLLoader()で"file:///system/build.prop"を指定し、「ro.product.model」等を直接読む


広告

基本、ネイティブ向けにしか広告ライブラリは提供されていない。

高速化


複数デバイス対応


アプリの縦横指定

  • *-app.xml で指定
    1.     <!-- フルスクリーン -->
    2.     <fullScreen>true</fullScreen>
    3.  
    4.     <!-- 自動回転させるか -->
    5.     <autoOrients>true</autoOrients>
    6.  
    7.     <!-- アプリ起動時の縦横指定 縦:portrait 横:landscape -->
    8.     <aspectRatio>landscape</aspectRatio>

Android Marketでの配付/販売

  • 不明
    • AIR for Androidもアプリインストーラに含ませる事ができないと、面倒なのでPC版AIRみたく流行らない可能性も

FlashLite?からの移植

  • ActionScript3.0へ書き直す。ActionScript1.1はコンパイルエラーとなる。
  • ボタン操作 -> タッチ操作への設計変更
  • 画面サイズの調整
  • 画面サイズに合わせて素材の書き換え。220x220 -> QVGA(320x240) or WVGA(800x480)
  • ベクター素材は画面サイズに合わせて綺麗に拡大縮小されるため、便利
  • アプリを閉じた際の処理を入れる

Androidアプリへ移植時の注意点

  • ActionScript? 1.0/2.0の場合は、ActionScript? 3.0で書き直す
  • 画面サイズの調整
  • 軽量化
  • 固有の操作方法への対応
  • Androidのアクティビティへの対応(アプリを閉じた際の処理)

インストール

  • Flash CS3の場合、CS4と同じくコマンドラインなので、途中まで上記参照
  1. CS3にはAdobe AIRの新規作成の項目が無いので追加する必要がある
  2. flash9_ja_jp_9_0_2_update.exe をインストール
  3. flash9-ja_JP_9_0_3_Update.exe をインストール
  4. AIR25_win_sdk_20100826.zip AIR 2.5 SDK - Windows をダウンロード
    https://prerelease.adobe.com/callout/default.html?callid={AEF64EB4-A977-4317-909A-14AD8014BA21}
  5. 「C:\Program Files\Adobe\Adobe Flash CS3\AIK」をバックアップ
  6. AIR25_win_sdk_20100826.zip を展開
  7. AIR25_win_sdk_20100826\ 以下を C:\Program Files\Adobe\Adobe Flash CS3\AIK\ に上書き
  8. 「airglobal.swc」をコピー
    1. C:\Program Files\Adobe\Adobe Flash CS3\AIK\frameworks\libs\air\airglobal.swc
    2. ↓コピー
    3. C:\Program Files\Adobe\Adobe Flash CS3\ja\Configuration\ActionScript 3.0 AIR 1.0\
  9. 「C:\Program Files\Adobe\Adobe Flash CS3\AIK\bin」 を環境変数Pathに追加。再起動後に有効になる。
    • 以下のコマンドは、開いたコマンドプロンプト内でだけ有効になる
      1. set PATH=%PATH%;C:\Program Files\Adobe\Adobe Flash CS3\AIK\bin
  10. 適当なFlashを開くなり、新規作成する
  11. メニュー -> ファイル -> パブリッシュ設定でバージョンを「Adobe AIR1.0」に設定
  12. パブリッシュを実行すると、.swf, .xmlが出来る
  13. Flash CS3のメニュー -> コマンド -> AIR - AIRファイルを生成
  14. 作成ボタンで、電子証明書を作成する。 .p12 ファイルができる。
  15. 作成した電子証明書を指定して、OKボタンを押すと、.air ファイルが出来るが、apkには不要なようだ
  16. xmlを以下に変更
    1. <?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="no" ?>
    2. <application xmlns="http://ns.adobe.com/air/application/2.5">
    3.   <id>com.adobe.example.example</id>
    4.   <versionNumber>1.0</versionNumber>
    5.   <versionLabel>v1</versionLabel>
    6.   <filename>example</filename>
    7.   <description/>
    8.     <name>example</name>
    9.   <copyright/>
    10.   <initialWindow>
    11.     <content>example.swf</content>
    12.     <systemChrome>standard</systemChrome>
    13.     <transparent>false</transparent>
    14.     <visible>true</visible>
    15.   </initialWindow>
    16.   <customUpdateUI>false</customUpdateUI>
    17.   <allowBrowserInvocation>false</allowBrowserInvocation>
    18. </application>
  17. コマンドプロンプトを起動して、.swf, .xml, .p12 ファイルがあるフォルダに移動し、以下を実行。証明書のパスワードを聞かれるので入力。
    1. adt -package -target apk -storetype pkcs12 -keystore mycert.p12 example.apk example-app.xml example.swf
  18. example.apkができれば成功
  19. adbコマンドを使ってインストール
    1. set PATH=%PATH%;C:\android-sdk\tools
    2. adb install example.apk

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-08 (金) 18:10:01 (2148d)