Memo/Poderosa

http://dexlab.net/pukiwiki/index.php?Memo%2FPoderosa
 

SSHクライアント Poderosa

  • Windows用SSHクライアント
  • タブ式の GUI
  • Telnet,SSH1,SSH2

poderosa.jpg

設定ファイル

  • Win10:
    C:\Users\<USERNAME>\AppData\Roaming\Poderosa

エラー:4.3.8bでオプション > 操作タブ > Deleteキーで0x7Fを送信にチェックをつけると例外

  • 4.3.11bで解消している事を確認
  • 現象
    • オプション > 操作タブ > {Delete, backspace}キーで0x7Fを送信にチェックをつけると例外が発生し、以後操作パネルを開くと同じ例外が発生し、Poderosaが終了する
  • 暫定対処1
  1. ツール > 詳細プリファレンスエディタ で send で検索
  2. send0x7FByDel?, send0x7FByDel? をダブルクリックしてFalseに変える
  • 暫定対処2:下2行を削除かコメントアウト。TrueをFalseに書き換えてもNG。
  • %APPDATA%\Poderosa\options.conf
    1. org.poderosa.terminalemulator {
    2. ...
    3.     send0x7FByDel=True
    4.     send0x7FByBack=True
    5. ...
    6. }

ポートフォワーディング


設定

設定メモ

  • マークの意味
    • □:チェックオフ
    • ■:チェックオン
  • ツール > オプション
  • 表示
    • 色・フォント・背景
      • 背景色:黒
      • テキスト色:白
      • 色指定エスケープシーケンスで見やすいように変更
      • □背景色には色を暗くする (チェックオンだと、ackやagで黄色背景の場合に文字が見えない)
  • ターミナル
    • バッファ行数:2000
    • ■切断時にペインを閉じる
    • KeepAlive?パケットを送信する:1分毎
    • □改行文字を含む貼り付けで警告を表示
  • 操作
    • マウス
      • 右クリックの動作:貼り付け
      • ■マウスで選択したら自動的にコピー
  • SSH
    • その他
      • ■エージェントフォワーディングを使用
      • ■終了までは一度入力したパスフレーズを記憶
      • ■MACチェックを行う
  • 全般
    • 言語:日本語
    • 起動時の動作:Telnet/SSHダイアログを開く
    • ファイルメニューの最近の接続の数:30
    • ■ウィンドウを閉じる時に開いている接続があれば警告する
    • ■ツールバーを表示する

v4.1.0から4.3.5betaへのアップデート

  1. 旧ファイルに上書きせずに、別フォルダへインストール
  2. 一度新バージョンのPoderosaを起動。その後終了
  3. 設定ファイルの場所が変更されているので、旧設定2ファイルのを新バージョンに上書き
      1. C:\Program Files\Poderosa\
      2. options.conf
      3. ssh_known_hosts
      1. WinXP:C:\Documents and Settings\USERNAME\Application Data\Poderosa
      2. Win7 :C:\Users\USERNAME\AppData\Roaming\Poderosa

v3からv4への設定ファイル変換

  • filepoderosa3to4.pl
    1. perl poderosa3to4.pl v3設定ファイル > v4設定ファイル

添付ファイル: filepoderosa.jpg 585件 [詳細] filepoderosa3to4.pl 523件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-05 (月) 01:05:35 (596d)