Memo/Amazon_Fire_Tablet

http://dexlab.net/pukiwiki/index.php?Memo/Amazon_Fire_Tablet
 

Amazon Fire Tablet


ロック画面の広告の停止

  • キャンペーンアプリ > 設定 > ロック画面のキャンペーン情報 をoff

端末名の変更

  • 設定 > 端末オプション > 端末名を変更

Fire HD8 7th

  • Fire OS: 5.4.0

Google Playのインストール(非root)


Fire 5th Gen 7インチ

  • Amazonプライム会員なら4980円で入手できた。
  • GPSは非搭載なので地図アプリ等で現在地は正確で無い。
  • Fire OS: 5.1.1
  • 小物
    • ダイソーのiPadMini?要のケースがちょうど良いサイズ。
    • 液晶保護フィルムは1000円からと本体と比較して割高なので、ダイソーのフリーサイズ等で代用

GApps(Google製アプリ)のインストール

  1. 任意(mini等)版をダウンロードして、FireのSDカード等にコピー
  2. FlashFire?を起動
  3. 「+」ボタン > Backup
  4. 「+」ボタン > Flash ZIP or OTA でzipを選択

FlashFire?が起動しない場合

FlashFirev0.24が起動しない場合、v0.27をインストールしてみる

  1. ここでテストプログラムに同意する
  2. GooglePlay?から更新でインストール

root化、Google Playインストール、updateブロック他

全て自己責任です。保証対象外となり、最悪文鎮化する恐れがあります。

  • FireOS 5.1.1ではbootloader上のfastboot bootコマンドが削除され、TWRP等が起動しないためインストールしないように。
  • Fire側の設定でUSBデバッグを有効にする
  1. 設定 > 端末オプション > シリアル番号を7回連続タップ
  2. 開発者オプション > ADBを有効にする
  1. rootjunkysdl.com から AmazonFire5thGenSuperTool?.zip をダウンロードして展開。md5は合わなかった。「6560860F9970F62117A7E27F46445991」
  2. PCとFireを繋ぐ
  3. 1-Amazon-Fire-5th-gen.bat を実行
    • 終了はメニューでENTER
    • うまく行かない場合は以下コマンドを実行し、最初から
      1. files\adb kill-server
  4. 「1 ADB and Fastboot Driver Install Plus Test」
    1. 「ADB driver install」
      1. デバイスマネージャを開き「他のデバイス」に「Fire」があり黄色い△マークの場合、ドライバをインストールする必要がある
      2. Fireを右クリック > ドライバソフトウェアの更新
      3. 「コンピュータを参照して〜」でusb_driverディレクトリを指定
      4. うまくいかない場合、usb_driverドライバフォルダに「KindleDrivers?.exe」「UniversalAdbDriverSetup?.msi」があるので実行してインストールして試す。これでうまくいった
      5. それでもうまくいかない場合「コンピュータ上の一覧〜」「Google, Inc」>「ADB Testing Interface」で動いた
      6. Fire側に「このコンピューターを常に許可」にチェックをいれる
    2. 「Fastboot driver install」
      1. 実行するとFireがFastbootモードで起動する。デバイスマネージャで同様に認識されるか確認。
  1. 問題なく認識されていれば、ENTERを押すとFireが再起動されるので待つ
  1. 「ADB & Fastboot Driver Test」
    1. 「List of devices attached」にデバイスが表示され、fastbootも同様に表示さればOK
  1. 「2 Install Google Play store」これはrootを取る前でも実行できた
    1. Google Play store、Google設定をインストールする
    2. Googleプレイアプリを起動して、既存のアカウントがあればログインする
    3. 「Google日本語入力」等好きなアプリをインストール
  2. 「6 Root your Amazon Fire 5th gen」
    1. 「Root Fire OS 5.1.1」を選択。自動的にFireがfastbootモードに再起動する
    2. FireがfastbootモードになったらENTERで続行。OKAYと表示されれば自動的に再起動する。
    3. fastbootモードになったら、もう一度ENTER
    4. 勝手に再起動し、最適化や再起動に10分程かかるので待つ。
  3. 「3 Block OTA Updates from Amazon」 公式アップデートをブロックする。要root
    1. 「2 block OTA updates from Amazon on 5.1.1」を選択
  4. 「4 Boot device to custom recovery from ADB for FIRE OS 5.0.1」
    • OS 5.0.1の場合
  5. 「5 Install FlashFire? App to flash files on FIRE OS 5.1.1」カスタムROM/バックアップ/リストアを行えるアプリ。要root
    • OS 5.1.1の場合。今回はこちら
  6. 「7 Change Stock launcher to Nova launcher or back」必須では無い。デフォルトランチャーを Nova launcher に変える。
  7. 「8 remove lock screen ads」必須では無い。ロック画面の広告を消す
  8. 「9 Update SuperTool? Files」必須では無い。AmazonFire5thGenSuperTool?.zip自体をアップデートした場合。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-26 (月) 23:24:03 (387d)