Memo/golang

http://dexlab.net/pukiwiki/index.php?Memo/golang
 

Go言語


build

環境毎のバイナリを作成

  1. go build hello.go
  • 環境を指定してビルド
    1. GOOS=linux GOARCH=amd64 go build -ldflags='-w -s' hello.go
  • Optional environment variables
    • GOOS: 対象OS
    • GOARCH: 対象アーキテクチャ
  • ファイルサイズ縮小のため以下オプション
    • -w: DWARFのシンボルテーブルを生成しない
    • -s: デバッグ用シンボルテーブルを生成しない

Hello, World

  • hello.go
    1. package main import "fmt" func main() { fmt.Println("Hello, World") }
  • 実行: CentOS6.x
    1. go run hello.go
    2.  
    3. Hello, World

インストール


CentOS6.x

  • EPELリポジトリにあるのでyumからインストールできる
    1. sudo yum install golang hg --enablerep=epel
    2. mkdir go
    3. echo 'export GOPATH=$HOME/go' >> ~/.bashrc
    4. source ~/.bashrc
    5.  
    6. go version
    7. go version go1.5.1 linux/amd64

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-11-21 (月) 16:43:23 (638d)