Memo/Ansible/Jinja2

http://dexlab.net/pukiwiki/index.php?Memo%2FAnsible%2FJinja2
 

Jinja2 template


loopコントロール

  • list中の'aa'だけを出力
    1. {% set list_var1 = ['aa','bb','cc'] %}
    2. {% for var1 in list_var1 if var1 == 'aa' %}
    3. {{ var1 }}
    4. {% endfor %}

jinja2での正規表現

regex_search, regex_findallが使えるようだ


jinja2テンプレートでの三項演算子

  • example_enabledがbooleanの場合、{{ example_enabled }} と記載すると 'True/False' が出力される。'yes/no'を出力するようにしたい。
    1. - lineinfile:    dest=/tmp/example.conf    line={{ item }}  with_items:    - 'example_enabled={{ "yes" if example_enabled else "no" }}'
    • または example_enabled: 'yes' と明示的に文字列して定義する
  • playbook内での例: yum_proxy変数によって、present, absentを切り替える。
    1. ini_file: dest=/etc/yum.conf          section=main          option=proxy          value="{{ yum_proxy }}"          state="{{ 'present' if yum_proxy != None else 'absent' }}"          backup=yes
    • v2.2.1.0: 「yum_proxy:」のように空変数だと、valueに「None」が入るのでabsentにしている。

Template テンプレート

  • Defaulting Undefined Variables
    • 例: stateが未定義の時のデフォルトを「present」にする
      1. - debug: msg="{{ item.state | default('present') }}"
  • 変数が空の場合。
    • 変数:「var1:」
    • template:「{{ var1 }}」
    • v1.9: 「None」
    • v2.0: 「」
      • ini_fileはv2.2.1.0でも「None」になる。モジュールによって違うようだ
  • コメント: {# ... #}
  • roles/example/tasks/main.yml
    1. - name: config file  template: >    src=example.conf.j2    dest=/etc/example/example.conf    owner=root    group=root    mode=0644    backup=yes
  • roles/example/templates/example.conf.j2
    1. {{ ansible_distribution }}
  • 他roleのテンプレートも参照できる。例:role:test1 から role:test2のテンプレートを参照
    1. cat roles/test1/tasks/main.yml
    2. - template: src=roles/test2/templates/text2.j2 dest=/tmp/test2.conf mode=0644
  • ansible_managed テンプレート展開時にansibleのシグネチャが入る。ファイルをansibleが管理しているというコメントを埋め込む事ができる。
    1. # {{ ansible_managed }}
  • 展開前
    {% if item1 != "" %}
        item1={{ item1 }}
    {% endif %}
    {% if item2 != "" %}
        item2={{ item2 }}
    {% endif %}
  • 展開後
        item1=aaa
        item2=bbb
  • ホワイトスペースの制御。制御構文の前後をそれぞれ別々に制御できる
    • {%- , -%} : ホワイトスペースを削除
    • {%+ , +%} : ホワイトスペースを追加
  • 変数の前後の空白削除: {{ var1 | trim }}

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-06-08 (金) 16:10:24 (13d)