Memo/Movie

https://dexlab.net:443/pukiwiki/index.php?Memo/Movie
 

動画メモ


デスクトップキャプチャ

アマレココ

  • 最低限やっておくこと
  1. 本体のダウンロード
  2. AMVビデオコーデック(ページの一番下にある)のダウンロードとインストール
  3. AmaRecCo.exeを実行し、メニュー > 設定 > AMV高速
  4. 録画ロゴを消すためにAMV3Codec メニュー > ライセンス > AmaRecCoのreadme_jp.txtにある「AMV3ビデオコーデック用アマレココ試用版レジストキー」を入力して登録
  5. 設定 > オーディオ
    • Win7:Core Audio Capture
    • XP:waveIn Capture
      • ステレオミキサーの設定にしないと音声が入らない
      • タスクトレイの「音量」をダブルクリックし、メニュー > オプション > プロパティ
      • 録音にチェックし、「ステレオミキサー」にチェック、OK
      • ステレオミキサーの「選択」にチェックを入れる
  6. テスト:実際にブラウザでyoutubeの適当な動画を開いて録画し、映像、音声ともに正常に記録されているか確認

編集

aviutl

  • 初期設定
    • ファイル > 環境設定 > システムの設定
      最大画像サイズ:縦1920, 横1080 (もしくは1920x1088)
      64bitOSでは「LargeAddressAwareを有効にする」にチェック。aviutl自体を書き換えるため、バージョンアップの際には再設定が必要

読み込み時に応答なしになる場合


エンコード後にfpsが変わってしまう場合

  • 元動画が23.976fpsの動画をドラッグ&ドロップで読み込ませてエンコードすると、24fpsになって、音ずれしてしまう。
    • ファイルを開くからだと 23.976fps を指定できる。
  • 元動画が29.97fpsだが、fps変換なしでエンコードしても29.95fps等異なると、音ずれが発生する。その場合、以下オプションを有効にして再エンコードする必要がある。
    • メニュー> ファイル > 環境設定 > システムの設定
    • 「ロード時に29.97fpsに近いものは自動的に29.97fpsに変換する」にチェック
    • 「ロード時に映像と音声の長さが0.1秒以上ずれているものは自動的にfps調整する」にチェック

結合


再生


JoyToKey: ゲームパッド/ジョイスティックで再生ソフトを操作する

  • 設定例
    • MPC-BW + Xbox 360 Controller for Windows 向け filempc.cfg

Media Player Classic - BE

  • http://sourceforge.net/projects/mpcbe/ 公式
    • http://sourceforge.jp/projects/sfnet_mpcbe/ 日本語
    • MPCとMPC-HCベース。複数の改良とbugfix。オープンソース。フォーラムのデフォルトがロシア語
    • UIが黒基調
    • 内部デコーダ、フィルタの強化
    • 音声切り替え、字幕切り替えボタン
    • シークバーにプレビュー画像表示(デフォルトoff)
    • シークバーにチャプターマーカーを表示(デフォルトoff)
    • YouTube対応
  • 再生時、動画サイズをオリジナルに合わせる
    • 表示 > オプション > 再生 > 出力: 自動拡大: 100%
  • シークバーにプレビュー画像表示, シークバーにチャプターマーカーを表示
    • 表示 > オプション > Interface
    • Use the preview in the search: チェック デフォルトoff
    • Use chapters marker: チェック デフォルトoff
    • 不安定な場合はチェックを外す

CUDA対応プレイヤー

  • nVidia製のグラフィックボード対応の再生ソフト

動画形式サンプル

codec

  • Download K-Lite Codec Pack
    • Basic(通常はこれを選択)
    • Standard
    • Full
    • Mega
    • Corporate
    • 64-bit
    • 音ズレする場合は、Haali Media Splitterを更新

音ずれは「Haali Media Splitter」の更新で解消

  • 以下の環境でmp4が音ずれしたため、対策
    • Windows7 Pro 64bit
    • K-Lite_Codec_Pack_583_Full.exe
    • Media Player Classic Homecinema1.3.1779.0
  • Haali Media Splitterから最新版をダウンロードしてインストール。MatroskaSplitter.exe 1.10.120.15にしたところ解消した

Media Player Classic Homecinemaで動画が下にずれる場合

  • mpc-hc-zure.jpg
  • システムデフォルトに戻してみる。VMR9で問題が出た
  • メニュー -> 表示 -> オプション -> 再生:出力 -> DirectShowビデオ -> システムデフォルト

Media Player Classic Homecinema

  • 日本語化
    • View -> Language -> Japanese
  • ハードウェアアクセラレーションを有効化
    • オプション -> 再生 -> 出力
    • XP
      • VMR9/VMR9 renderless
    • Windows7
      • システムデフォルト
  • 左上に出てくる文字(Play等)を消す。OSD(On-Screen Display)の非表示
    • オプション -> その他 -> Show OSDのチェックを外す。
  • クリックしたとき一時停止するのをやめる
    • オプション -> キーバインドの再生/一時停止のマウスを無しにする。
  • Media Infoを表示できるようにする
    • Browse MediaInfo Files on SourceForge.net か 「〜WithoutInstaller.7z」をダウンロードし、中のMediaInfo.dllをMPCのフォルダにいれる。
    • 右クリック -> プロパティにMeida Infoタブが追加されている
  • ffdshowを使う
    • オプション -> 内部フィルタ -> 変換フィルタで該当フォーマットのチェックを外す。
  • Flashストリームを見る
    • URLに?以降のパラメータが付くとうまく再生されない。?なしで表現できるように置き換えられれば見れる可能性がある
  • YouTubeの動画を開く(ブラウザより軽い場合がある)
  1. YouTubeのURLが http://www.youtube.com/watch?v=ab123456789
  2. v=の部分を抜き出しURLを書き換える。http://youtube.com/v/ab123456789
  3. mp-hcでメニューからファイル > ファイルを開く にURLを指定し、開く
  • USTREAMの動画を開く(ブラウザより軽い場合がある)
  1. USTREAMの動画上で共有 > 「<>このチャンネルの埋め込みコード」でクリップボードにコピーされる
  2. 数字の部分を抜き出す。 http://www.ustream.tv/embed/1234567
  3. URLを書き換える http://www.ustream.tv/flash/live/1/2813393
  4. mp-hcでメニューからファイル > ファイルを開く にURLを指定し、開く

NVIDIA ForceWareのTV出力で縦横比(アスペクト比)を固定する

Geforce7600の動画再生時に、TVにフルスクリーンで出力する機能があります。
しかし、強制的に4:3にリサイズされてしまい、16:9等の動画だと横に潰れてしまうようです。
以下の設定で、ffdshow経由での再生時のみですが、4:3以外の動画再生時には上下に黒帯が挿入され、正しい縦横比で表示されるようになりました。

  • NVIDIA Control Panel
    • nvidia_control_panel.png
  • ffdshow ビデオデコーダの設定
    • ffdshow.png

保存

rtmpeプロトコル動画のダウンロード

  1. 横取り丸 + InetSpy をインストール
  2. 動画再生ページを表示させ、「playerのswf」と「rtmpe://」のurlをコピーする
  3. RTMP Dumpをダウンロード
  4. 実行。よく失敗するので-eオプションでリジュームを行う。
    rtmpdump -e -s "http://example.com/path/to/player.swf" -r "rtmpe://example.com/path/to" -o "output.flv"
  • 自動リジュームバッチファイル。中身を適切に書き換える

作成


MPEG4でカクつく場合

  • ツールを変えてみる
    • 動画と音声の合成にMP4MuxerではなくMy-MP4Box-GUI(新しい) か yamb(古い。更新停止) を使う。XBMCでの再生は改善した
  • CPU負荷が高いようならスペック不足
    • 解像度、品質を下げる

DVD Video

速度制限の解除

  1. ウィンドウ右上[Load]よりダウンロードしたファームウェアを指定
  2. 読み込んだらincrease read speed(読み速度を上げる)にチェックを入れ、Saveボタン
  3. 同じフォルダ内に「ファイル名_speedpatched.exe」というファイルが作成される
  4. 実行(ドライブ名を間違えない事)

DVD -> DivX

  1. DivX Codecのインストール
  2. DVD Decrypterでリッピング
  3. DVD2AVIで必要なVOBのみを選択し、wavファイルで音声出力にチェックをつけ、プロジェクトを保存
  4. wavファイルをnormalize.exeでノーマライズ
  5. wavファイルを午後のこ〜だでRIFF WAVE形式のmp3ファイルへエンコード
  6. DVD2AVIで出力したd2vファイルと、waveファイルを読み込み各種設定をしてエンコード
  7. 詳細は以下リンク参照

QuickTimeファイルをTMPGEncを使ってMPGに変換する

QTReader.vfp をダウンロードし、TMPGEncフォルダに入れる。

AVIファイルをTMPGEncを使ってMPGに変換する

通常のaviなら問題なく変換できる。
しかし、音声がVBRだと、うまく行かない。
この場合、VirtualDub等でwavに変換してからTMPGEncに読み込ませることで、変換可能になる。
以下、ペガシス掲示板より引用。

>ご質問の件ですが、aviファイルリーダーの仕様により稀に発生いたします。
>また、元のaviファイルをDivXにてエンコードする際の設定により
>このような症状を引き起こすaviが作成される場合があります。

>対処方法と致しましては、
>VirtualDubというFreewareを入手し、インストール後に日本語パッチを当てます。
>そしてそのソフトにて当該aviファイルを読み込み、
>念のためオプションの環境設定にて
>「Mpeg Layer-3オーディオストームを補正しない」にチェックを入れた上で、
>設定を保存します。

>更に音声を「完全処理モード」に切り替えた上で、
>「フォーマット変換」を
>「48000MHz・16ビット・ステレオ」モードにし、
>より良い音質のため「完全変換」と「ハイクォリティ」にチェックを入れて
>Okをクリックします。

>最後にファイルメニューから「WAVEファイルの保存」を選んで
>適当な名前で音声ストリームのみを抜き出して保存します。

>最後にTMPGEnc3を起動し、
>映像には元のaviファイル、音声には作成した(抜き出した)音声ファイルを指定した上で
>エンコードをして頂きますと、正常にMPEG2ファイルへと変換できます。

>この方法でも正常に変換できない場合、元のaviファイルが
>破損している事が考えられます。

添付ファイル: filempc.cfg 461件 [詳細] filempc-hc-zure.jpg 676件 [詳細] fileffdshow.png 906件 [詳細] filenvidia_control_panel.png 797件 [詳細] filertmpdl.bat 2100件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-15 (土) 07:31:38 (91d)