Facts: 環境情報を取得

環境の情報を取得してansibleで利用できる。
puppetだとfacterに相当。facterが入っているとその値も取ってくるようだ。


ansible_date_time: 日付と時刻

名前等に日付や時刻を入れたい時に便利。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-04 (火) 18:11:36