Memo/Ubuntu

https://dexlab.net:443/pukiwiki/index.php?Memo/Ubuntu
 

Ubuntu Linux


日本語環境

sudo aptitude install <package>
manpages-ja # 日本語man

コマンドがどのパッケージに含まれているか

  • インストール済みのコマンドが、どのパッケージに含まれているか
    dpkg -S $(which git)
    git: /usr/bin/git
    # /etc/alternatives/ にsymlinkが貼ってあるだけの場合は探せない
  • インストールしたパッケージの場所を探す。rpm -ql 相当
    dpkg -L <package name>
  • コマンドがどのパッケージに含まれているか分からない場合
    sudo apt install apt-file
    # 初回updateは時間がかかる
    sudo apt-file update
    apt-file search /usr/bin/ag
    ...
    silversearcher-ag: /usr/bin/ag
    # silversearcher-ag パッケージに入っている

ssh接続が遅い

  • LAN内宛で、sshにIPを指定してもmDNSを参照していて遅い
  • Ubuntu 12.04 LTS
  • mdns4を削除
    --- /etc/nsswitch.conf.org      2017-07-10 23:02:33.965785879 +0900
    +++ /etc/nsswitch.conf  2017-07-10 23:03:53.947464372 +0900
    @@ -8,7 +8,7 @@
     group:          compat
     shadow:         compat
    
    -hosts:          files mdns4_minimal [NOTFOUND=return] dns mdns4
    +hosts:          files mdns4_minimal [NOTFOUND=return] dns
     networks:       files
     protocols:      db files

Ruby2.0〜2.4のインストール

Ubuntu 12.04 LTSのデフォルトはRuby1.8だが、それ以上を使いたい場合。

  • Ubuntu 12.04 LTS / 14.04 LTS
    sudo add-apt-repository -y ppa:brightbox/ruby-ng
    sudo apt-get update
    sudo apt-get -y install ruby2.4

CUI(text mode)で起動

Ubuntuはrunlevelではなく、grubの設定を変えるようだ

  • text modeで起動するように変更
    sudo vi /etc/default/grub
    ----
    GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="text"
    ----
    sudo update-grub
    sudo reboot
  • Ubuntuのrunlevel
    • 0: 停止
    • 1: シングル
    • 2-5: マルチユーザ
    • 6: reboot
  • 現在のrunlevelの確認
    runlevel
    N 2
    
    grep DEFAULT_RUNLEVEL= /etc/init/rc-sysinit.conf
    env DEFAULT_RUNLEVEL=2

LiveCD/USBで起動したubuntuにsshで接続する

  • LiveCD/USBのデフォルトユーザ ubuntuにパスワードを設定する
    sudo apt-get install openssh-server
    sudo passwd ubuntu

chkconfigで/sbin/insserv: そのようなファイルやディレクトリはありません

  • chkconfigでサービスを無効にしたい時に以下のエラーが発生
    sudo aptitude install chkconfig
    sudo chkconfig arkmanager off
    /sbin/insserv: そのようなファイルやディレクトリはありません
  • 修正:symlinkを作れば良いようだ
    sudo ln -s /usr/lib/insserv/insserv /sbin/insserv

テキストモードで起動

GUIモードより起動が速く、修復時用に作業したい等に便利

  • Ubuntu 14.04 LiveCD/USBで確認
  1. CD/USBを入れて、電源をいれたら、ESCキー
  2. ブートメニューが出るのでF6キー
  3. ESCキーでダイアログをキャンセル
  4. 起動オプションが追加されるので、コマンドラインに「text」を追加し、Enter
  5. しばらく待つと、ターミナル画面が表示される

パッケージに含まれるファイルを探す

  • apt-file を使う
    sudo aptitude install apt-file
    sudo apt-file update
    
    # clamavにはどんなファイルが含まれているか?
    apt-file show clamav
    
    # example.h を含んだパッケージを探す
    apt-file search example.h

debパッケージのインストール

  • 依存関係をチェックしてインストール
    sudo gdebi [package.deb]
  • 依存関係をチェックせずにインストール
    sudo dpkg -i[package.deb]

アンチウィルス

  • ClamAV: フリーソフト、CUI。GUIフロントエンドとして ClamTk がある。ClamTk?を入れれば ClamAVもインストールされる。aptでインストールされるClamTk?は古いので、本家からインストールすれば新しいGUIが使える
    # ClamAVインストール
    sudo aptitude install clamav
    
    # /etc/init.d/clamav-freshclam が自動的に起動し、定義ファイルが更新されるようだ
    
    # ClamTkのインストール
    wget https://bitbucket.org/dave_theunsub/clamtk/downloads/clamtk_5.09-1_all.deb
    sudo gdebi clamtk_5.09-1_all.deb
    
    # ウィルス定義ファイルの手動更新
    sudo freshclam
    
    # 手動スキャン
    clamscan -r ~/test/

パッケージのダウングレード

  • php 5.3.10 => 5.3.2 に下げる場合
    aptitude search '~i' | grep php
    i   libapache2-mod-php5             - server-side, HTML-embedded scripting langu
    i   php5-cli                        - command-line interpreter for the php5 scri
    i   php5-common                     - Common files for packages built from the p
    i   php5-mysql                      - MySQL module for php5
    
    aptitude show php5-cli
    パッケージ: php5-cli
    状態: インストール済み
    自動的にインストールされた: いいえ
    バージョン: 5.3.10-1ubuntu3.8
    
    以下から好きなバージョンを選択
    https://launchpad.net/ubuntu/+source/php5/
    
    sudo aptitude remove libapache2-mod-php5 php5-cli php5-common php5-mysql php5
    mkdir rpm
    cd rpm
    wget https://launchpad.net/ubuntu/+archive/primary/+files/php5-cli_5.3.2-1ubuntu4_amd64.deb
    wget https://launchpad.net/ubuntu/+archive/primary/+files/php5-common_5.3.2-1ubuntu4_amd64.deb
    wget https://launchpad.net/ubuntu/+archive/primary/+files/php5-mysql_5.3.2-1ubuntu4_amd64.deb
    wget https://launchpad.net/ubuntu/+archive/primary/+files/libapache2-mod-php5_5.3.2-1ubuntu4_amd64.deb
    sudo dpkg -i php5-common_*.deb
    sudo dpkg -i php5-cli_*.deb
    sudo dpkg -i libapache2-mod-php5_*.deb
    sudo dpkg -i libmysqlclient16_*.deb
    sudo dpkg -i php5-mysql_*.deb
    sudo service apache2 restart

apt: パッケージ管理

  • 6.2. aptitude、apt-get、apt コマンド
    • Ubuntu 16.04 LTSから aptitude がデフォルトパッケージから削除された
    • Ubuntu 14.04 LTSではサブコマンドが足りない事がある。その場合はapt-getの方を使う
      # パッケージの追加
      apt install package
      
      # パッケージの削除
      apt remove package
      
      # 設定ファイルも含めて削除
      apt purge package

aptitude : パッケージ管理

  • aptが推奨になったのでそちらを使いましょう
  • Ubuntu 16.04 LTSからはデフォルトパッケージから削除された
aptitude - wikipedia
aptitudeは、Debianなどが採用するAPTシステムにおけるCUIフロントエンドの一つ。APTシステムにおける代表的なコマンドであるapt-getなどに比べて、より強力なパッケージ管理機能(高機能な検索、対話的なソフトウェアの追加・削除ができる)を有する。
  • 対話モード(フルスクリーン)
    aptitude
  • CUI
    # パッケージ情報の更新
    aptitude search update
    
    # パッケージの検索
    aptitude search PackageName
    
    # パッケージのChangelogの表示
    aptitude changelog PackageName
    
    # インストール
    aptitude install PackageName
    
    # インストール済みパッケージの更新。依存関係も含め全てを更新
    aptitude upgrade [PackageName]
    
    # インストール済みパッケージ一覧
    aptitude search '~i'
    aptitude search '~iPackageName'
    
    # パッケージ一覧情報の更新(インストールはしない)
    aptitude update [PackageName]
    
    # インストール済みパッケージの更新。アップグレードしても他のパッケージをインストール・削除する必要がないパッケージだけをアップグレード
    aptitude safe-upgrade
    
    # 削除
    aptitude remove PackageName
    
    # 設定ファイルも削除
    aptitude purge PackageName
    
    # 更新しないように固定する
    aptitude hold PackageName
    
    # 更新の固定を解除する
    aptitude unhold PackageName
    
    # パッケージ情報の表示
    aptitude show PackageName
    
    # キャッシュの削除
    aptitude autoclean

kernelのバージョンを固定

  • パッケージが特定のkernelに依存している時など
sudo aptitude hold linux-headers-generic linux-generic-lts-raring linux-headers-generic-lts-raring linux-image-generic-lts-raring linux-headers-3.8.0-33 linux-headers-3.8.0-33-generic linux-image-3.8.0-33-generic

# holdされているパッケージ確認
aptitude search '~ahold'

# kernel以外を更新する時
sudo aptitude safe-upgrade

ssh接続が遅い

  • DNSまたはhostsに登録されていないホストから接続する場合に遅い。DNS解決を停止する。
    sudo sh -c "echo 'UseDNS no' >> /etc/ssh/sshd_config"
    sudo /usr/sbin/service ssh restart

ログインのキーリングのロック解除を削除

VNCでログインするときに聞かれて鬱陶しいので削除

  • Ubuntu 12.04 LTS
  1. 設定にパスワードと鍵を追加
    sudo apt-get install seahorse
  2. Dashホーム > seahorseで検索
  3. パスワード:loginを右クリックしてdelete

パッケージのバージョンを固定

  • インストール
    sudo apt-get install wajig
  • 固定
    sudo wajig hold <package>
    
    # 例
    sudo wajig hold libccid libpcsclite1 pcscd pcsc-tools
    
    # 確認
    sudo dpkg --get-selections | grep hold
    libccid                                         hold
    libpcsclite1                                    hold
    pcsc-tools                                      hold
    pcscd                                           hold
  • 解除
    sudo wajig unhold <package>

最新版ffmpegのインストール

デフォルトのapt-get install ffmpegでインストールされるバージョンは以下のように古い。

  • Ubuntu 12.04
    ffmpeg
    ffmpeg version 0.8.6-4:0.8.6-0ubuntu0.12.04.1, Copyright (c) 2000-2013 the Libav developers
      built on Apr  2 2013 17:02:36 with gcc 4.6.3
    *** THIS PROGRAM IS DEPRECATED ***
    This program is only provided for compatibility and will be removed in a future release. Please use avconv instead.
  • その他リポジトリを使う
    • ffmpeg 0.10.7
      sudo apt-add-repository ppa:jon-severinsson/ffmpeg
      sudo apt-get update
      sudo apt-get install ffmpeg
  • アンインストール
    # リポジトリ
    sudo apt-get autoremove ffmpeg x264 libx264-dev
    
    # ソース版
    cd ffmpeg
    sudo make uninstall
    make clean

Continue to wait, or Press S to skip mounting or M for manual recovery

  • /etc/fstabに存在しないデバイスが指定してあると起こる。正常に/etc/fstabを構成する
  • "S"キーを押せばスキップできる
  • AWSだとEC2インスタンスを右クリック > Get System Logから見る事ができるが、入力できないのでAMIを作り直すしかない

サポート終了した古いUbuntuのバージョンアップ

  • LTSでないUbuntuは、EOL(End of life)になった場合、一つずつバージョンアップするしかない。11.04 > 11.10 > 12.04
  • LTS(Long Term Support)は一つずつバージョンアップする。10.04 LTS > 12.04 LTS > 14.04 LTS
  • 手順
    sudo apt-get update
    sudo apt-get upgrade
    sudo apt-get dist-upgrade
    sudo apt-get install update-manager-core
    sudo do-release-upgrade

派生ディストリビューション

Japanese Teamのパッケージリポジトリ追加

  • Ubuntuの日本語環境 | Ubuntu Japanese Team 10.04 〜
  • 12.04 LTS
    wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
    wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
    sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/precise.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
    sudo apt-get update
  • 10.04 LTS
    wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
    wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
    sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/lucid.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
    sudo apt-get update

コマンドラインでスリープ

  • サスペンド(RAMを除いてほとんどのデバイスが停止されている状態。電力は供給されている)
    sudo pm-suspend
  • ハイバネート(システム状態はディスクに保存され停止する。ハイバネーションは「スリーピングモードS4」としてACPIの仕様)
    sudo pm-hibernate

ソースからパッケージを作成する「checkinstall」

  • subversionからチェックアウトしたリビジョンをパッケージ名に指定する場合
    tar xvfz ffmpeg.tar.gz
    cd ffmpeg
    ./configure
    make
    
    sudo checkinstall --pkgname=ffmpeg \
      --pkgversion "4:SVN-r`LANG=C svn info | grep Revision | awk '{ print $NF }'`" \
      --backup=no --deldoc=yes --fstrans=no --default

VNCで画面更新されない

Windows側からUltraVNCを使ってUbuntuを操作したいが、Ubuntu側のカーソルやメニューは出るもののUltraVNCに反映されない

  • 環境
    • Ubuntu 10.10
    • Windows7 x64bit
    • UltraVNC 1.0.9.6.2
  • Ubuntu 12.04 LTSの場合
    • ログイン時にUbuntuアイコンから > Ubuntu2Dを選択
  • Ubuntu 10.10の場合
  1. デスクトップを右クリック
  2. 背景の変更 >視覚効果タブ > 効果なし

OSバージョンの表示

  • /etc/lsb-release
    lsb_release -a
    
    No LSB modules are available.
    Distributor ID: Ubuntu
    Description:    Ubuntu 10.10
    Release:        10.10
    Codename:       maverick
    
    #または
    cat /etc/lsb-release
    
    DISTRIB_ID=Ubuntu
    DISTRIB_RELEASE=10.10
    DISTRIB_CODENAME=maverick
    DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 10.10"
  • /etc/debian_version
    cat /etc/debian_version
    squeeze/sid

スクリーンショット

  • 全画面:PrintScreen?キー
  • アクティブなウィンドウ:ALT + PrintScreen?キー
  • 保存先選択画面が出る
  • ターミナルや[Alt]+[F2]から
    # 画面全体
    gnome-screenshot
    
    # ウィンドウ単体
    gnome-screenshot -w
    
    # 指定した秒数以後撮影
    gnome-screenshot -d 10
    
    # 設定ダイアログを表示
    gnome-screenshot -i

最適化

  • gettyは仮想コンソールで一つ500KB程度、初期:6つ。メモリを使うのでもったいない。2つに減らす
    sudo perl -p -i -e 's#/dev/tty\[1-6\]#/dev/tty[1-2]#' /etc/default/console-setup
    sudo perl -p -i -e "s/^([^#\r\n]+)/\#$+/g" /etc/init/tty{3,4,5,6}.conf
    
    reboot
  • 不要サービスの停止
  • speech-dispatcher
  • bluetooth
  • cups

ファイアウォールufwの設定

  • ufwはiptablesのラッパーの模様
  • ヘルプ
    ufw --help
  • ファイアウォールが認識しているアプリの確認
    sudo ufw app list
    
    存在するアプリケーション:
      Apache        // 80/tcp
      Apache Full   // 80,443/tcp
      Apache Secure // 443/tcp
      CUPS          // 631
      OpenSSH       // 22/tcp
      Samba         // 137,138/udp 139,445/tcp
    
    # アプリを指定すればどのポートか教えてくれる
    sudo ufw app info "Apache"
    Port:
      80/tcp
  • ポート開放
    #LAN内のみ許可
    sudo ufw allow from 192.168.1.0/24
    
    # LAN内で特定ポートのみ許可
    sudo ufw allow proto tcp from 192.168.1.0/24 to any port 8080
    
    sudo ufw allow OpenSSH
    sudo ufw allow "Apache Full"
    sudo ufw allow Samba
    
    # munin
    sudo ufw allow 4949/tcp
    
    # その他は拒否
    sudo ufw default deny
    sudo ufw enable
    sudo ufw status
    sudo sysv-rc-conf ufw on
  • ルール削除
    sudo ufw delete allow Samba
    
    sudo ufw delete allow proto tcp from 192.168.1.0/24 to any port 8080
  • ファイアウォール停止
    sudo ufw disable
  • ログの確認
    sudo tail -f /var/log/ufw.log

sjis,eucjpを使用する

  • デフォルトではja_JP.utf8しか定義されていない
    sudo localedef -f SHIFT_JIS -i ja_JP ja_JP.sjis
    sudo localedef -f EUC-JP -i ja_JP ja_JP.eucjp
    
    locale -a | grep ja
    ja_JP.eucjp
    ja_JP.sjis
    ja_JP.utf8
    
    export LANG=ja_JP.sjis
    export LANG=ja_JP.eucjp
    export LANG=ja_JP.utf8

日本語IME Mozc

  • Google日本語入力のオープンソース版。Ubuntuで使える

自動ログイン

  • 12.04
  1. システム設定 > ユーザアカウント > ロック解除 > アカウントを選択:自動ログイン オン
  • 10.10
  1. システム -> システム管理 > ログイン画面
  2. ロックを解除
  3. ユーザ xxxx として自動的にログインにチェック

ATIグラフィックドライバのインストール

  • ハードウェアの確認
    lspci | grep -i vga
    01:05.0 VGA compatible controller: ATI Technologies Inc 760G [Radeon 3000]
    
    sudo apt-get install mesa-utils
    cat glxinfo.log | grep -i opengl
    OpenGL vendor string: Advanced Micro Devices, Inc.
    OpenGL renderer string: Mesa DRI R600 (RS780 9616) 20090101  TCL DRI2
    OpenGL version string: 2.1 Mesa 7.9-devel
    OpenGL shading language version string: 1.20
    OpenGL extensions:
    ...中略
  • インストール後のテスト
    • OpenGLが使えるかテスト。端末を開く
      • オープンソースドライバの場合
        # yesならOK
        glxinfo | grep direct
        direct rendering: Yes
        
        # SGIならOK。OpenGL vendorがATIの時はATIのドライバが使われている
        glxinfo | grep vendor
        server glx vendor string: SGI
        client glx vendor string: Mesa Project and SGI
        OpenGL vendor string: X.Org
      • AMDドライバの場合
        fglrxinfo
        ----
        display: :0.0  screen: 0
        OpenGL vendor string: ATI Technologies Inc.
        OpenGL renderer string: ATI Radeon 3000 Graphics
        OpenGL version string: 3.3.10237 Compatibility Profile Context
        ----
        glxgears
        fgl_glxgears

  • オープンソース版 xserver-xorg-video-radeon のインストール

プロプライエタリドライバでうまく動作しない場合に有効

sudo apt-get purge fglrx*

sudo apt-get purge xserver-xorg-video-ati xserver-xorg-video-radeon
sudo apt-get install xserver-xorg-video-all xserver-xorg-video-ati xserver-xorg-video-radeon
sudo apt-get install --reinstall libgl1-mesa-glx libgl1-mesa-dri xserver-xorg-core
sudo dpkg-reconfigure xserver-xorg

# fglrxの設定削除
sudo rm /etc/X11/xorg.conf*

  • リポジトリからインストール
  • 12.04 GUIからインストール
    • システム設定 > 追加のドライバー > ATI/AMDプロプライエタリFGLRXグラフィックドライバー > 有効にする
  • CUIからインストール
    sudo apt-get remove --purge xserver-xorg-video-radeon
    sudo apt-get install fglrx fglrx-amdcccle
    sudo aticonfig --initial
    sudo reboot
  • システム -> 設定 -> ATI Catalyst Control Centerが追加される

  • ソースからインストール
  • 既存ドライバの削除
    sudo apt-get remove --purge xserver-xorg-video-radeon
    sudo apt-get remove --purge fglrx fglrx-amdcccle fglrx-amdcccle-updates fglrx-dev fglrx-updates fglrx-updates-dev
    sudo reboot
  • AMD Graphics Drivers & Software から該当ドライバをダウンロード
    cd /usr/local/src/
    sudo wget http://www2.ati.com/drivers/legacy/amd-driver-installer-catalyst-13.1-legacy-linux-x86.x86_64.zip
    sudo unzip amd-driver-installer-catalyst-13.1-legacy-linux-x86.x86_64.zip
    sudo chmod 755 amd-driver-installer-catalyst-13.1-legacy-linux-x86.x86_64.run
    
    sudo apt-get install build-essential cdbs dh-make dkms execstack dh-modaliases linux-headers-generic lib32gcc1
    
    sudo ./amd-driver-installer-catalyst-13.1-legacy-linux-x86.x86_64.run --listpkg
    ... 中略
    Ubuntu Packages:
            Ubuntu/gutsy
            Ubuntu/hardy
            Ubuntu/intrepid
            Ubuntu/jaunty
            Ubuntu/karmic
            Ubuntu/lucid
            Ubuntu/maverick
            Ubuntu/natty
            Ubuntu/oneiric
            Ubuntu/source
            Ubuntu/precise
    
    # 12.04の場合
    sudo ./amd-driver-installer-catalyst-13.1-legacy-linux-x86.x86_64.run --buildpkg Ubuntu/precise
    
    sudo dpkg -i fglrx*.deb
    
    sudo aticonfig --initial -f
    sudo reboot
  • システム > 設定 > ATI Catalyst Control Centerが追加される
    • または端末から以下で起動
      gksudo amdcccle

Ubuntuのアップデート

  • 保留が出る場合は一度再起動後、再実行すると進行する場合がある
  • セキュリティアップデート等のマイナーアップデート
    sudo apt-get update
    sudo apt-get upgrade
    sudo reboot
  • Ubuntu自体のディストリビューションのバージョンを上げる(11.04 から 11.10等)
    sudo apt-get update
    sudo apt-get dist-upgrade
    sudo reboot
  • 自動インストールされ使われていないすべてのパッケージを削除
    sudo apt-get autoremove

Ubuntuのインストール


14.04 LTS(Trusty Tahr)


12.04 LTS(Precise Pangolin)

  • 環境:64bit CPU, メモリ4GB以上
  • デスクトップ環境は後でも追加できるのでサーバ版をインストール
  • CDは焼かずに、USBメモリからインストール
    • 1GB以上のUSBメモリを用意し、FATでフォーマットしておく
    • Download Ubuntu Server | Ubuntu から ubuntu-12.04.3-server-amd64.iso をダウンロード
    • UNetbootin からunetbootin-windows-xxx.exeをダウンロードして、実行
    • ディスクイメージにチェックし、ubuntu-12.04.3-server-amd64.iso を指定して実行
  1. 再起動して、USBメモリから起動。Installを選択
  2. ホスト名:mediacenter
  3. パーティショニング方法:ディスク全体を使い LVMをセットアップする
  4. 新しいユーザの本名:xbmcuser
  5. あなたのアカウントのユーザ名:xbmcuser
  6. 新しいユーザのパスワード:********
  7. ホームディレクトリを暗号化:しない
  8. 時間の設定:Asia/Tokyo
  9. このシステムのアップグレードをどのように管理しますか:自動的にアップデートしない
  10. ソフトウェアの選択
    • LAMPサーバ
    • OpenSSHサーバ
    • Samba file server
  11. MySQLのrootユーザのパスワード:********
  12. マスターブートレコーダーにGRUBブートローダをインストールするか:いいえ (はいにすると、USBメモリにインストールされる)
  13. grubインストール先を1番目のhddを指定
  14. システム時間をUTCに設定:いいえ
  15. 再起動
  • sshクライアントで接続して、アップデート
    sudo apt-get install vim sysv-rc-conf
    sudo apt-get update
    sudo apt-get upgrade
    sudo reboot
  • IPアドレスの固定
    sudo vi /etc/network/interfaces
    ----
    auto lo
    iface lo inet loopback
    
    auto eth0
    # iface eth0 inet dhcp
    iface eth0 inet static
    address 192.168.1.x
    netmask 255.255.255.0
    gateway 192.168.1.1
    dns-nameservers 192.168.1.1
    ----
    sudo /etc/init.d/networking restart
  • 自動起動サービスの確認
    sudo apt-get install sysv-rc-conf
    sudo sysv-rc-conf --list | grep 3:on
    apache2      0:off      1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
    dns-clean    1:on       2:on    3:on    4:on    5:on
    grub-common  2:on       3:on    4:on    5:on
    ondemand     2:on       3:on    4:on    5:on
    pppd-dns     1:on       2:on    3:on    4:on    5:on
    rc.local     2:on       3:on    4:on    5:on
    rsync        2:on       3:on    4:on    5:on
    sudo         2:on       3:on    4:on    5:on
    winbind      0:off      1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

  1. デスクトップ環境のインストール。30分以上かかる
    sudo apt-get install ubuntu-desktop language-pack-ja-base language-pack-ja
    sudo reboot
  2. 一部英語なので日本語に変える
  3. gnomeにログイン
  4. System -> Administration -> 言語サポート -> インストール
  5. 言語
    • メニューとウィンドウの言語:日本語(日本)
    • システム全体に適用
  6. 左上の電源ボタンから、logout
  7. 再ログイン

  • VNCサーバ
  1. Ubuntuソフトウェアセンターまたは、以下コマンドで vinoをインストール
    sudo apt-get install vino
  2. Dashホーム -> 検索 -> vino
    • 他のユーザが自分のデスクトップを表示できる:チェック
      • 他のユーザがデスクトップを操作できる:チェック
    • このマシンへの接続を毎回確認する:非チェック
    • パスワードの入力を要求する:*******
    • UPnPルーターがポート開放/転送するように自動的に設定する:チェック
  3. Ubuntu側のカーソルやメニューは出るもののUltraVNCに反映されない問題修正
    • ログイン時にUbuntuアイコンから > Ubuntu2Dを選択
  1. Windows PCでUltra VNCのダウンロード。インストール
  2. zip版の場合、Translationsもダウンロード、展開して「Japanese.dll」を「vnclang.dll」にリネームして、「vncviewer.exe」と同じフォルダにコピー
  3. vncviewerを起動して、IPアドレスを入力
  4. Ubuntu側で「許可する?」の確認があるので「はい」

  • 右上の電源アイコン > 自動起動するアプリケーション で不要なアプリをオフ
  • デフォルトエディターをnanoからvimに変更
    sudo update-alternatives --config editor
    
    3 /usr/bin/vim.basic を選択
  • rsyslogの設定変更
    vim /etc/rsyslog.d/50-default.conf
    ----
    cron.*                          /var/log/cron.log
    ----
    service rsyslog reload
  • ログを圧縮
    sudo vim /etc/logrotate.conf
    ----
    compress
    ----
  • パスワードの生成。デフォルトのmkpasswdはCentOSと動作が異なる
    sudo apt-get install libstring-mkpasswd-perl
    
    mkpasswd.pl -l 16
  • mysql rootパスワード設定
    mkpasswd.pl -l 16 > ~/.mysql-pw-root
    
    echo "update user set password = PASSWORD('`cat ~/.mysql-pw-root`') where user='root';FLUSH PRIVILEGES;" | mysql -u root mysql
    
    接続テスト
    mysql -u root -p`cat .mysql-pw-root`
  • ntpで時刻合わせ
    sudo apt-get install ntp
    sudo sh -c "cat >> /etc/ntp.conf  << 'EOS'
    server ntp.nict.jp
    server ntp.jst.mfeed.ad.jp
    server ntp.ring.gr.jp
    EOS"
    sudo service ntp restart
    sudo sysv-rc-conf ntp on
  • ユーザ追加。useraddはホームディレクトリが作られない
    sudo adduser username
  • その他よく使うアプリの追加
    sudo aptitude install chkconfig

10.10(Maverick Meerkat)

  • 後でXBMCを入れたいが、OpenSSH等を選択したいのでサーバ版を選択。あとでGNOMEは入れられる
  • CPU 64bit対応、メモリ4GBなので、64bit版を選択
  • CD/DVDを焼くのが面倒なのでUSBメモリからインストール
    • 1GB以上のUSBメモリを用意し、FATでフォーマットしておく
    • 本家から ubuntu-10.10-server-amd64.iso をダウンロード
    • UNetbootin からunetbootin-windows-xxx.exeをダウンロードして、実行
    • Diskimageにチェックし、ubuntu-10.10-server-amd64.iso を指定して実行
  1. 本家から ubuntu-10.10-server-amd64.iso をダウンロードし、CDやDVDに焼く
  2. 再起動して、USBメモリから起動。Installを選択
  3. ホスト名:mediacenter
  4. パーティショニング方法:ディスク全体を使い LVMをセットアップする
  5. 新しいユーザの本名:xbmcuser
  6. あなたのアカウントのユーザ名:xbmcuser
  7. 新しいユーザのパスワード:********
  8. ホームディレクトリを暗号化:しない
  9. このシステムのアップグレードをどのように管理しますか:自動的にアップデートしない
  10. ソフトウェアの選択
    • LAMPサーバ
    • OpenSSHサーバ
    • Samba file server
  11. MySQLのrootユーザのパスワード:********
  12. マスターブートレコーダーにGRUBブートローダをインストールするか:いいえ (はいにすると、USBメモリにインストールされる)
  13. grubインストール先を1番目のhddを指定
  14. システム時間をUTCに設定:いいえ
  15. 再起動
  • sshクライアントで接続して、アップデート
    sudo apt-get install vim sysv-rc-conf
    sudo apt-get update
    sudo apt-get upgrade
    sudo reboot
    
    sudo sh -c "cat >> /etc/skel/.bashrc  << 'EOS'
    alias vi='vim'
    EOS"
    . /etc/skel/.bashrc
  • IPアドレスの固定
    sudo vi /etc/network/interfaces
    ----
    auto lo
    iface lo inet loopback
    
    auto eth0
    # iface eth0 inet dhcp
    iface eth0 inet static
    address 192.168.1.x
    netmask 255.255.255.0
    network 192.168.1.0
    broadcast 192.168.1.255
    gateway 192.168.1.1
    ----
    sudo /etc/init.d/networking restart
  • 自動起動サービスの確認
    sudo apt-get install sysv-rc-conf
    
    sudo sysv-rc-conf --list | grep on
    acpi-support 1:off      2:on    3:on    4:on    5:on
    anacron     
    apache2      0:off      1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
    apparmor     S:on
    avahi-daemon
    binfmt-suppo 2:on       3:on    4:on    5:on
    bluetooth    0:off      1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
    brltty       S:on
    console-setu
    cron        
    dns-clean    1:on       2:on    3:on    4:on    5:on
    fancontrol   2:on       3:on    4:on    5:on
    grub-common  2:on       3:on    4:on    5:on
    halt         0:on
    kerneloops   1:off      2:on    3:on    4:on    5:on
    killprocs    1:on
    lm-sensors   S:on
    networking   0:on       6:on
    ondemand     2:on       3:on    4:on    5:on
    pcmciautils  S:on
    pcscd        0:off      1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
    pppd-dns     1:on       2:on    3:on    4:on    5:on
    pulseaudio   1:off      2:on    3:on    4:on    5:on
    rc.local     2:on       3:on    4:on    5:on
    reboot       6:on
    rsync        2:on       3:on    4:on    5:on
    saned        1:off      2:on    3:on    4:on    5:on
    sendsigs     0:on       6:on
    single       1:on
    speech-dispa 1:off      2:on    3:on    4:on    5:on
    sudo         2:on       3:on    4:on    5:on
    udevmonitor 
    umountfs     0:on       6:on
    umountroot   0:on       6:on
    unattended-u 0:on       6:on
    urandom      0:on       6:on    S:on
    winbind      0:off      1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
    x11-common   S:on

  1. デスクトップ環境のインストール。30分以上かかる
    sudo apt-get install ubuntu-desktop
    sudo reboot
  2. 一部英語なので日本語に変える
  3. gnomeにログイン
  4. System -> Administration -> 言語サポート -> インストール
  5. 言語
    • メニューとウィンドウの言語:日本語(日本)
    • システム全体に適用
  6. 左上の電源ボタンから、logout
  7. 再ログイン

  • リモートデスクトップ
  1. システム -> 設定 -> リモートデスクトップ
    • 他のユーザが自分のデスクトップを表示できる:チェック
    • このマシンへの接続を毎回確認する:非チェック
    • パスワードの入力を要求する:*******
    • または「他から接続できるように自動的にネットワークを設定する」
  2. Ubuntu側のカーソルやメニューは出るもののUltraVNCに反映されない問題修正
    • デスクトップを右クリック
    • 背景の変更 >視覚効果タブ > 効果なし
  1. Windows PCでUltra VNCのダウンロード。インストール
  2. zip版の場合、Translationsもダウンロード、展開して「Japanese.dll」を「vnclang.dll」にリネームして、「vncviewer.exe」と同じフォルダにコピー
  3. vncviewerを起動して、IPアドレスを入力
  4. Ubuntu側で「許可する?」の確認があるので「はい」

  • パスワードの生成。デフォルトのmkpasswdはCentOSと動作が異なる
    sudo apt-get install libstring-mkpasswd-perl
    
    mkpasswd.pl -l 16
  • mysql rootパスワード設定
    mkpasswd.pl -l 16 > ~/.mysql-pw-root
    
    echo "update user set password = PASSWORD('`cat ~/.mysql-pw-root`') where user='root';FLUSH PRIVILEGES;" | mysql -u root mysql
    
    接続テスト
    mysql -u root -p`cat .mysql-pw-root`
  • ntpで時刻合わせ
    sudo apt-get install ntp
    sudo sh -c "cat >> /etc/ntp.conf  << 'EOS'
    server ntp.nict.jp
    server ntp.jst.mfeed.ad.jp
    server ntp.ring.gr.jp
    EOS"
    sudo service ntp restart
    sudo sysv-rc-conf ntp on
  • ユーザ追加。useraddはホームディレクトリが作られない
    sudo adduser username

  • システム > 設定 > 自動起動するアプリ で以下をオフ
    • Bluetooth マネージャ
    • Evolution Alarm Notifier
    • 視覚支援:アクセシビリティの視覚支援を使わないならオフに

Japanese Team版

  • 64bit版ja isoは無い

USBメモリ


添付ファイル: fileffmpeg-12-04.sh 486件 [詳細] fileffmpeg-10-10.sh 455件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-15 (土) 07:31:38 (5d)