Memo/Linux/CentOS

https://dexlab.net:443/pukiwiki/index.php?Memo/Linux/CentOS
 

CentOS


kernelのバージョンを戻す

kernel updateすると起動しなくなる事がままある。

  • 現在のkernel versionの確認
    uname -r
  • CentOS 7の場合。GRUB 1なので設定方法がv1と異なる。
    • /boot/grub/grub.conf の「title」の部分を上から0,1,...と番号で選択できる。上から2番目のkernel versionを指定する場合
# 現在のkernelを確認
sudo grub2-editenv list
aved_entry=CentOS Linux (3.10.0-1062.4.1.el7.x86_64) 7 (Core)

# kernel list
sudo awk -F\' '$1=="menuentry " {print $2}' /etc/grub2.cfg
CentOS Linux (3.10.0-1062.4.1.el7.x86_64) 7 (Core)
CentOS Linux (3.10.0-1062.4.1.el7.x86_64) 7 (Core) with debugging
CentOS Linux (3.10.0-693.11.6.el7.x86_64) 7 (Core)
CentOS Linux (3.10.0-693.11.6.el7.x86_64) 7 (Core) with debugging
CentOS Linux (3.10.0-693.2.2.el7.x86_64) 7 (Core)
CentOS Linux (3.10.0-693.2.2.el7.x86_64) 7 (Core) with debugging
CentOS Linux 7 (Core), with Linux 3.10.0-229.el7.x86_64
CentOS Linux 7 (Core), with Linux 0-rescue-12a8f9d7f36b4ea8a767cf3e15ca1371


# "CentOS Linux (3.10.0-693.11.6.el7.x86_64) 7 (Core)" を選択したい場合
sudo grub2-set-default 2

# 確認
sudo  cat /boot/grub2/grubenv |grep saved
saved_entry=2

# /etc/default/grub を更新
sudo grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg
  • CentOS 6の場合: GRUB 1
    • /boot/grub/grub.conf の「title」の部分を上から0,1,...と番号で選択できる。上から2番目のkernel versionを指定する場合
      sudo vim /boot/grub/grub.conf
      --
      default=1
      --
  • kernel updateをしないようにする場合
    cat >> /etc/yum.conf << EOS
    exclude=kernel* cloud-init
    EOS

CentOSのサポート終了日


GRUB表示で停止する場合

USBメモリからインストールした場合など、画面上に「GRUB」と表示されたまま起動しない事がある。

  1. netinstallのディスクなどで、bootオプションに「linux rescue」を付けて起動
    bash
    vi /mnt/sysimage/boot/grub/grub.conf
    ----(hd1,0)」の箇所を「(hd0,0)」に修正
    ----

記事


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-31 (木) 15:00:29 (38d)