DDNS(Dynamic DNS) client

固定IPでない動的IPプロバイダの場合でも、サーバに固定DNSを割り当てる事ができるサービス。
WAN IPが変わったら、openwrtで自動でDDNSを更新する事ができる。 または、Linuxサーバ上のプログラムでDicedもある


DDNS非対応なドメインを自動更新する

  1. 例: https://www.star-domain.jp/ はDDNSやAPIは提供していない
  2. DDNS提供側(例:no-ip)で、適当な「game.ddns.net」として登録し、DDNSで自動更新を有効にする
  3. ドメイン管理側(example.com)で、使いたいドメインを登録する。
    game.example.com CNAME game.ddns.net

インストール

  1. No-IP.com アカウントを取得する
    • 個人利用では無料で3ホスト名まで。30日毎にメールが来て、手動でアクティベートしないとDNSが解放される。
  2. openwrt用パッケージをインストール(wgetはエラーが起きたので除外した)
    opkg update
    opkg install wget ca-certificates curl ca-bundle luci-app-ddns luci-i18n-ddns-ja ddns-scripts-noip
    service uhttpd reload
  3. luci > サービス > Dynamic DNS
  4. Update DDns Services List をクリックして更新する
  5. Add new services
    • Name: 適当("."は不可だった)
    • IP address version: IPv4 address
    • DDNS Service provider: no-ip.com
  6. Basic Settings
    • Lookup Hostname: no-ip.comで取得したドメイン名(例:example.ddns.net)
    • Domain: no-ip.comで取得したドメイン名(例:example.ddns.net)
    • ユーザー名: no-ip.comのユーザー名
    • パスワード: no-ip.comのパスワード
  7. Timer Settings
    • Check Interval: 1
    • Check Unit: hours
    • Force Interval: 24
    • Force Unit: hours
  8. 保存&適用

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-07-26 (火) 11:44:04