samba


接続に使われているSMBバージョンを確認


SMBv1の無効化

sudo vim  /etc/samba/smb.conf
--
[global]
  min protocol = SMB2
--
sudo service smb restart

「invalid wct number」で失敗する場合

ホストからアクセスした場合、以下のように「invalid wct number」で失敗する時


他ホストからマウント


アップデートした後にpdbedit -Lでユーザが出て来ない時

sambaをアップデートとした後に、接続できなくなった場合。
パスワードファイルの参照パスが変わった場合がある。
その場合、pdbedit -Lでもユーザが出て来ない


LinuxからWindowsを操作

sambaのnetコマンドを使ってLinuxからWindowsを操作する。


現在の設定値の表示

testparm -v

パフォーマンスチューニング


rpm


CentOS 5/6にソースからrpmを作成してインストール


Windows7からのファイル転送時にパーミッションが544になる


sambaでファイル転送時に実行権限が付かないように


添付ファイル: filesamba-3.6.25.spec.patch 1212件 [詳細] filesamba-3.6.23.spec.patch 1464件 [詳細] filesamba-3.6.22.spec.patch 1500件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-08-30 (火) 17:39:18