Memo/NETGEAR_ReadyNAS

https://dexlab.net:443/pukiwiki/index.php?Memo/NETGEAR_ReadyNAS
 

NETGEAR

  • ReadyNAS デスクトップ型 ネットワークストレージ(ホーム向け
    • NTT-X Store でよくセールしている。
      • RN212(2ベイ)で約2万。RN214(4ベイ)で約3万。
      • RN102(2ベイ)で約1万、RN104(4ベイ)で約2万。後継はRN212, RN214
    • 3.5インチ、2ベイ、4ベイモデルとしては他社と比べても安い
    • 3年保証
    • RN102, 104, RN212, RN214はCPUがARMなので非力。アンチウィルス等の機能を有効にすると動作が遅くなる。アンチウィルスは非対応になった。
    • RN102のベンチマーク: WD Green 3TB, Gbps環境で Read 80MB/s, Write 50MB/s程度。-> 4年経過、1.5TB使用後、Read 50MB/sへ落ちた。
    • 多人数、多数のアドオンを使うにはCPU性能が上のモデルが良い
    • クラウド同期(6.9.1):DropBox, Amazon Cloud Drive, Amazon S3, Google Drive, Microsoft Azure, Microsoft OneDrive
    • Debianベース
    • ssh, rootログイン可能
    • サポートフォーム を利用したが、初回返答まで2営業日、3回の返答で問題が解決した。

RN102からRN212へ移行

※メーカー推奨手順ではないので自己責任

結論: 以下の構成ではHDDを順序通り入れ替えるだけで、データはそのまま移行できた。

  • 移行元: RN102 (2ベイ)
    • Version: 6.10.2
  • 移行先: RN212 (2ベイ)

移行手順:

  1. 重要なデータを別HDDにバックアップ
  2. RN102を電源OFF
  3. RN102のディスクの順序をメモ
  4. RN212にメモしたディスクの順序と同じに入れる
  5. RN212にLANケーブル等を繋いで、電源ON
    • LANポートが2つあるが、上がLAN1、下がLAN2。LAN1のみWake On Lanに対応しているので、1本の場合はLAN1へ刺す
  6. RAIDar をダウンロートして、見つかるか確認。IPアドレスが変わっている
  7. 固定IPにしていた場合、DHCPに変わっているので設定し直す。
    • ネットワークタブ > eth0 > 歯車アイコン > 設定
    • 設定: 手動
    • IPv4タブ > DNSサーバを確認。空欄の場合、ルーターと同じアドレスか以下のPublic DNSを入れて保存
    • Google Public DNS: 8.8.8.8, 8.8.4.4
    • Cloudflare public dns: 1.1.1.1
    • 適用
  • ベンチマーク: RN102 (WD Green 3TB, 4年, 1.5TB使用。新品のHDDの時はread 80MB/s程度だった。)

rn102-bench.jpg

  • ベンチマーク: RN212 (上記のHDDをそのまま使用)

rn212-bench.jpg


ファイルシステムはBtrfs

ReadyNASではBtrfsを採用しているが、QNAPではext4を使用している。
Btrfsは故障した時のデータリカバリに困りそうな印象を受ける。

  • Btrfs - Wikipedia

    2009年1月にBtrfsはメインラインのLinuxカーネルの2.6.29-rc1プレリリースにマージされたが、当時は試験的な位置づけであり、商用的な利用ができる状態ではなかった。また、ディスク上のフォーマットが確定しておらずテスト以外の目的でユーザが使うべきではないとされた。[6]。2.6.31 以降は後方互換性のある形でしか変更していない。2015年には、SUSE Linux Enterprise Server 12のデフォルトのファイルシステムとして採用された。一方Red Hat Enterprise Linuxでは、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 6で技術プレビューとしてBtrfsのサポートが導入されていたが、サポートはRHEL 7系で終了し、RHEL 8以降ではサポートが行われないことが公表されている[7]。


速度が遅いと感じたら

  • ログを確認する
  1. 管理画面 > システム > ログ > ログをダウンロード
  2. zipを展開して、「network_settings.log」を開く
  3. 「RX packets」は受信、「TX packets」は送信なので、errors, droppedが多くないか確認する。
    • 書き込み速度が通常50MB/sの所、25MB/s程度、RX droppedが3%程あった場合、スイッチ側の接触不良だった。

SMBv1の無効化/明示的にSMBv2/v3を指定

デフォルトではSMBv1〜3をサポートしているが、脆弱性があるSMBv1を無効化したい場合

  • 環境
    • ReadyNAS OS: v6.9.4
  1. ReadyNas?の管理画面 > アプリ で「SMB Plus」をインストール
  2. SMB Plusを起動、adminのパスワードでログイン。httpsでエラーになる場合は、アドレスバーでhttpにする。
  3. SMBバージョンタブで、「最高プロトコル: 3.1」、「最低プロトコル: 2.0」へ変更。XP等サポート切れの古いOS以外は問題ない。
  • 変更可能な設定
    • SMBバージョン
      • 1/2.0/2.1/3.0/3.1
    • Oplock: 便宜的ロック
    • 書き込みオプション
      • プリアロケート
      • 厳密に同期
    • セキュリティ
      • 匿名のアクセスを制限する
      • SMB暗号化
      • SMB署名
      • 読み込み不可のファイルを表示しない
      • 書き込み不可のファイルを表示しない
  • Linuxからのmount時に「Operation not supported」となる場合、他ホストからマウント のように「vers=3.0,sec=ntlmv2」を付けてみる

ファームウェア更新

  • 最新サポート情報 | ネットギア【NETGEAR】
    • 末尾0(x.x.0)は入れない方が良い。トラブル事例ではNASが起動しなくなったり、RAIDが壊れたりしている。一つ前の安定版くらいで良い。例:6.8.0がリリースされたら、6.7.5を入れる。

LTS(Long-Term Support)の有効化

v6.9.0以降で指定可能。Stable(デフォルト)でもそこそこ更新がある。 機能は変えずに、セキュリティ、不具合修正だけを入れたい場合。

  1. システム > 設定 > アップデート
  2. アップデートの確認
    • Long-term Support:セキュリティ・不具合修正のみ
    • Stable:従来のアップデート内容(新機能、セキュリティ・不具合修正)
    • Beta:開発中機能を含む最新バージョン

Androidアプリ


SSHでsudoを有効にする

以下のデフォルトではsudoコマンドは入っていなかった

  • 環境
    • ReadyNAS RN10200
    • Firmware: 6.5.0
  • 例:user01をパスワード無しでsudo有効にする
    su -
    apt update
    apt-get install sudo
    
    SUDO_USER=user01
    echo "$SUDO_USER ALL=(ALL) NOPASSWD: ALL" > /etc/sudoers.d/$SUDO_USER
    chmod 440 /etc/sudoers.d/$SUDO_USER
  • /etc/sudoers 自体を編集する
    visudo

SSHでのアクセス

  • 環境
    • ReadyNAS RN10200
    • Firmware: 6.5.0

rootユーザで作業するのは危険なので、一般ユーザを作成し、通常作業はそちらで行う。
公開鍵認証もデフォルトで有効。

  1. ReadyNAS管理画面 > システムタブ > 設定 > SSHをクリックして有効にする
  2. アカウントタブ > 新しいユーザ
    • 名前:<USER NAME>
    • SSHタブ:シェルアクセスを許可
  3. そのままではログインシェルがfalseのためログインできない。
  4. rootユーザでログイン。パスワードはadminユーザと同じ
    ssh root@<READYNAS IP>
  5. ログインシェルを変更
    usermod -s /bin/bash <USER NAME>

Amazon.co.jpとcomアカウント両方を持っている場合のAmazon Cloud Driveとの同期

  • 環境
    • ReadyNAS RN10200
    • Firmware: 6.5.0
  • 条件
    • 同じメールアドレスで、Amazon.co.jpとAmazon.comのアカウントを持っている。
    • Amazon.co.jpでプライム会員
    • プライム会員だとAmazon Cloud Driveは写真だけ無料で無制限の容量が使える。
  • 問題
    • Amazon Cloud Driveの同期設定で、Amazon.comのCloud Driveが使われる。co.jpのCloud Driveを使いたい
  • 解決
    • 一度ReadyNAS側でCloud Drive設定をOFF
    • Amazon.comのメールアドレスやパスワードを変更
    • ReadyNAS側で再度Cloud DriveをON、Amazon.co.jpのアカウントでログイン

ReadyCLOUDに接続できない場合

サポートフォームに問い合わせて、DNSサーバを設定して解決した。
DHCPでルーターのアドレスが入っていてもDNSサーバの設定が必要だった。

  • 環境
    • ReadyNAS RN10200
    • Firmware: 6.5.0
  • 現象
    • 管理画面 > システムタブ > 概要 > 「アップデートの確認」をクリック後、「最新のファームウェアを使用中です」の表示が出ない
    • クラウドタブで
      • ReadyCLOUDをONにしようとすると「デバイスをReadyCLOUDに参加することができません。デバイスの設定が適切でない可能性があります。にメールをしてください。」と表示され、使用できない。
      • 「インターネット利用可能」「サービス利用可能」のチェックが無い

readynas-6.5.0-cloud.jpg

  • 解決
    • ネットワークタブ > 歯車アイコン > 設定
    • IPv4タブ > DNSサーバを確認。空欄の場合、ルーターと同じアドレスか以下のPublic DNSを入れて保存
      • Google Public DNS: 8.8.8.8, 8.8.4.4
      • Cloudflare public dns: 1.1.1.1
    • 現象が解決するか確認

添付ファイル: filern212-bench.jpg 3件 [詳細] filern102-bench.jpg 2件 [詳細] filereadynas-6.5.0-cloud.jpg 723件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-15 (木) 19:10:05 (13d)