Memo/Android

https://dexlab.net:443/pukiwiki/index.php?Memo/Android
 

Android


adbコマンドでスクリーンショット

adb wait-for-device
adb shell "screencap -p /sdcard/screenshot.png"
adb pull /sdcard/screenshot.png %UserProfile%\Desktop

iPhoneからAndroidへの機種変更


自分の電話番号の表示

  • 設定 > バージョン情報 > 電話ID > 電話番号

Google Playで購入時にパスワードを入力するように変更する


Google USB Driver

  1. Windowsの場合 JRE をインストールしておく
  2. Get the Android SDK からプラットフォームに合ったパッケージをダウンロードして展開
    • Windows 64bit: adt-bundle-windows-x86_64-20130729.zip
  3. adt-bundle-windows-x86_64-20130729 を 適当な場所に移動。例:d:\android
  4. SDK Manager.exeを実行
    • Extras > Google USB Driverにチェック
  5. Install
  6. PCに端末を接続して、デバイスドライバをインストールする場合は以下を指定
    D:\android\sdk\sdk\extras\google\usb_driver

Universal ADB (Android Debug Bridge) Driver

汎用ADBドライバ


SIMフリー端末の購入

  • 購入事例が多いサイト

正常に起動しない場合

  • adbが繋がる場合
    • fastboot画面が出る場合がある
      adb reboot-bootloader
  • fastbootに繋がる
    • CWMを起動 desire hdの場合
      fastboot boot recovery-clockwork-touch-5.8.0.0-ace.img
      または
      fastboot flash recovery recovery-clockwork-touch-5.8.0.0-ace.img
      fastboot reboot

APNのバックアップ&リストア

  • Android4.0以上
    • バックアップできるが、一般アプリではリストアできなくなった
    • APN Backup & Restore
      # バックアップ先
      /sdcard/ApnBackupRestore/apns-filename.xml
    • Titanium Backup rootを使ってシステムアプリに変換する事でインポートもできるようになると「APN Backup & Restore」の概要に書いてある
    1. Titanium Backupを開く
    2. バックアップ/リストアタブ > 「APN Backup & Restore」を探す
    3. アプリ長押しでメニュー > 「システムアプリ」へ変換
    4. 「APN Backup & Restore」を開く
    5. メニュー > 「disable ICS check」
  • Android4.0未満

GooglePlay?アプリの手動インストール

  1. Download: Latest Google Play Store 3.9.16 - Remove Entries From All Apps, Keep Track Of Position In Lists, Expandable Notifications, And More から apkのダウンロード
  2. adbコマンドでインストール
    adb install com.android.vending_x.x.x.apk

イースター・エッグ

※出来るバージョンと、出来ないバージョンがあるようだ

  • Android4.0
  1. 設定 > タブレット情報 > Androidバージョンを連続タップ
  2. ○○が出てくる
  3. ○○をさらに長押し
  4. !!

バックアップ

課金

ADB対応Putty

bashを入れればTABによる補完ができて便利

  1. https://github.com/sztupy/adbputty/downloads からputty.exeをダウンロード
  2. 以下のように設定
    • Host Name: transport-device
    • Port: 5037
    • Connection Type: ADB
  3. Saved Sessions: adb
  4. Save
  5. 実機をUSBまたは、WiFi?経由(adbWireless)で接続
    ※WiFiで接続する場合のみ
    adb connect 192.168.1.xxx:5555
  6. Openで接続する
  7. 次回からはLoad: adb > Openで良い

シェルをbashに変更

  • 要root

ADB対応PuttyをいれるとTABでコマンド補完(dos窓不可)やカラーシンタックスが使えて便利

  1. shell bash for android - xda-developers からbashをダウンロード
  2. 端末をADB経由で接続
  3. bashを実機にコピー
    adb push bash /sdcard/
  4. 実機にインストール
    adb shell
    
    $ su
    # mount -o remount,rw /system
    ※マウントは端末毎に異なる
    # cp /sdcard/bash /system/bin/
    # cd /system/bin/
    # chmod 755 bash
    # mv sh sh0
    # ln -s bash sh
  5. 次回ADBからデフォルトがbashに変わる
  1. 端末エミュレータでroot時にカラー表示にする場合
  2. PCでbash_profileをUTF-8N+LFで作成
    PATH=/sbin:/system/xbin:/system/bin
    if [[ ${EUID} == 0 ]] ; then
      PS1='\[\033[01;31m\]\h\[\033[01;34m\] \W \$\[\033[00m\] '
    else
      PS1='\[\033[01;32m\]\h\[\033[01;34m\] \w \$\[\033[00m\] '
    fi
  3. 実機へコピー
    adb push bash_profile /sdcard/

apkからjavaファイルへ逆コンパイル

  1. apkはzip形式なのでLhaplus等で展開。classes.dexを取り出す
  2. dex2jar をダウンロードして展開
    dex2jar classes.dex
  3. classes_dex2jar.jarができる
  4. jarはzip形式なのでlhaplus等で展開
  5. jad をダウンロードして展開
    jad -8 -d src -s .java -r classes_dex2jar\**\*.class
  6. javaファイルが出来ている
  • その他
    • DJ Java Decompiler シェアウェアだがclassをjavaにデコンパイルできる。GUI有り
    • android-apktool apkからsmali形式(バイトコードを逆アセンブルした結果)、リソースXMLを抽出できる
      本体と導入ツールをダウンロードしてLhaplus等で展開
      apktool1.x.x.tar.bz2
      apktool-install-windows-x-brut1.tar.bz2
      
      apktool.jarをapktool-install-windowsの中にいれる
      コマンドプロンプトを開いてapktool-install-windowsに移動
      
      apktool.bat d APKファイル.apk

バッテリーアイコンの変更

標準のものから1%〜100%まで表示するものに差し替える


バッテリー


関連づけを解除する

  • デフォルトで起動するアプリをメモして、そのアプリが起動しないようにする
  1. 設定 > アプリケーション > アプリケーションを管理
  2. デフォルトで起動するアプリを探して、選択
  3. デフォルトで起動 > デフォルトをクリアを選択

標準ブラウザ

HTMLサイトをweinreでリモートデバッグ


電子コンパスのキャリブレーション

  • GPS Statusの場合は、menu > ツール > コンパスの校正

電卓

  • 標準電卓は横向きにすると、sin, cos, tan, log, √等一部関数電卓のボタンが使える。*1

android_calc.jpg

カスタムROMとバックアップ

  • 要root, CWM導入済み
  • 十分にバッテリーを充電しておくこと
  • 2GB以上のmicroSDカード
  1. バックアップした方が良いもの
    • APN
      • ApnManager apnを選択 > menu > エクスポート
    • アプリ
      • Titanium Backup バックアップ/リストアタブ > menu > バッチ処理 > バックアップ:全ユーザアプリ+システムデータ
      • PCと接続して、以下ファイルをPCへコピー。Lhaplusで展開し、apkを取り出し、ApnManager?.apk にリネーム
        /sdcard/TitaniumBackup/jp.fores.android.apn-****.apk.gz
      • /sdcard/ApnManager?/ApnManager?.apk にコピー
    • 連絡先。Googleと同期している場合は不要。連絡先 > menu > インポート/エクスポート > SDカードにエクスポート
    • フォント
      /system/fonts/DroidSans*.ttf
    • メールアカウント
    • ブラウザブックマーク
    • ホーム画面のスクリーンショット(アイコン配置など)
  1. ROMをダウンロードして、zipファイルを/sdcard/ にコピー
  2. 壊れていないか/sdcard/上のzipファイルのmd5をFastHash等でチェック
  3. ROM Managerを起動し、リカバリへ再起動
  4. 現状のROMをバックアップ。
  5. backup and restore > Backup
  6. 現在のデータを削除
  7. wipe data/factory reset > yes ※全てのユーザデータが削除され初期状態に戻る
  8. install zip from sdcard
  9. choose zip from sdcard
  10. zipファイルを選択 > yes
  11. go back
  12. reboot system now
  13. はじめは時間がかかるので、5〜10分は待つ
  1. 初期セットアップは日本語は無いのでEnglishを選択
  2. APN設定が終わるまで余計な通信が発生しないように、wifi onlyにする。クイック設定 > モバイルネットワークのチェックを外す
  3. アプリからES File Explorerやファイルマネージャを起動し、 /sdcard/ApnManager?/ApnManager?.apk を実行し、インストール
  4. ApnManager?でAPNをインポート。不要なAPNは削除
  5. クイック設定 > モバイルネットワークのチェック
  6. TitaniumBackup?でアプリのリストア。backup/restoreタブ > menu > batch > Restore missing apps + all system data > run the batch restore
    • Sense ROM等システムデータを戻すと不具合が起きる場合があるので注意。緑色のシステムデータの一部が問題の模様。よって、ユーザアプリ + HTCデスクトップ等問題ないシステムデータだけ選択してリストアする。例:ロック画面に設定したウィジットが表示されない、ショートカットが表示されない。
  7. MoreLocale 2で日本語化
  8. menu > 設定 > アカウントと同期 > アカウントを追加 > Google

adbで文字化けしているように見える場合

  • WindowsのDOS窓+PRIME v2.1.0で発生した。カラーコードが入っている模様
    / # ls
    ls
    Removable            init
  • 解決方法。カラーコードを表示しないように。
    adb shell
    # export LS_COLORS=none

LAN経由でadb接続(リモートデバッグ)


別の方法。Android v2.3.4ではうまくいかなかった。v3.0以上ならできるようだ

  • Android側でIPアドレスをチェック
  1. 設定 > アプリケーション > 開発
    • USBデバッグにチェック
    • スリープモードにしないにチェック
    • 疑似ロケーションを許可にチェック
  2. 設定 > タブレット情報 > 端末の状態
  3. IPアドレスをメモ
  • PC側
  1. Android SDKはインストール済みでadb.exeにパスを通している
  2. コマンドプロンプトを起動
    set ADBHOST=<調べたAndroidのIPアドレス>
    adb kill-server
    adb start-server
    
    adb devices
    端末が見えれば成功

ガラケーからのデータ移行


メールデータ(VML形式)をEMLに変換

  • VMG形式でエクスポートしたメールはPCでEML形式に変換すれば、SPモードアプリ等でインポートできる

docomo ID登録


docomo SPモード

  • SPモード用のアドレスが新規で得られる。
  • SPモード用のアドレスとiモード用アドレスの入れ替えができる。ただし、受信ボックスが入れ替わる訳ではない。スマートフォンがアクセスするのはSPモード用の受信ボックスのまま。SPモード用の受信ボックスに、iモードのメールが届くようになるだけ。
  • 旧携帯とSIM差し替えで使いたい場合は、iモード契約を残しておく。SIM差し替えてメール受信できる
  • SPモード契約+iモード契約でも、315円/月のまま

PC画面にAndroid画面を表示する

  • Android Screen Monitor - adakoda
    • 連続してスクリーンショットを撮る感じで、PC画面に実機の画面を表示できる
  • 起動するバッチファイル。ASM_2_10.zipを展開し、その中にbatファイルを入れてクリックで起動。

Google Analytics for Mobile Apps


adb.exeにpathを通す

  • sdk2.3から platform-tools/adb.exe に移動したのでpathを追加する必要がある
  • dosプロンプトを開いて以下を実行すればそのdosプロンプト内でだけ有効
    set PATH=%PATH%;C:\android-sdk\tools;C:\android-sdk\platform-tools
  • 常時有効にしたい場合
  1. マイコンピュータを右クリック > プロパティ
  2. 「詳細設定」タブ > 「環境変数」
  3. 「システム環境変数」から「Path」を選択して、「編集」
    ;C:\android-sdk\tools;C:\android-sdk\platform-tools
  4. 再起動

ブラウザ選択画面を出す方法

  • 設定 -> アプリケーション -> アプリケーションの管理 -> デフォルトブラウザを選択 -> デフォルトをクリア

操作

  • ホーム長押し -> 起動中タスク一覧
  • MENU長押し -> キーボード表示
  • 入力エリア長押し -> 入力メソッド変更

Android Market検索オプション

Google検索と同じオプションが使える

  • キーワードを含めない
    • 「-」例:「adw.launcher -theme」

オーナー情報の初期化

オーナー情報の編集ができなくなった時など。

  • 連絡先のデータが全て削除されるので注意
  • 設定->アプリケーション->アプリケーションの管理->実行中タブ->アドレス帳->データを消去

microUSBケーブルの違い

  • microUSBは結線によって自動車ドックと認識する(willcomケーブル等)
    • ナビが自動起動する場合がある。自動起動させたくない場合。設定 > ドック > 自動起動のチェックを外す
  • 標準ケーブル。通信、常時充電兼用。ストレート
  • 一部機種専用の充電ケーブル。充電専用。2-3ピンショート
    • Xpedia用充電ケーブル
  • USBホストケーブル。充電、通信兼用。4-5ピンショート
    • Willcom03充電ケーブル

SIMフリー版の修理

  • 安いのは郵便局のEMS。
  • リチウムバッテリーの送付制限のため伝票に「Lithium Ion Batteries not restricted as per PI967」と記載する必要がある
  • バッテリー抜きで送付できるか修理担当に確認すればバッテリ抜きでEMSで送れば良い
  • kindleの例

壁紙サイズ

  • HTC Desire
  1. 壁紙にしたいファイルを960x800にリサイズする。
  2. キャンパスのサイズを1200x1000にする。
    • 上下100px、左右120pxは表示されない
  3. 壁紙を設定する。自動でトリミングがかかって、960x800のみが壁紙の表示対象になる。

着信音、通知音、アラーム音

  • 以下にmp3ファイルを置くことで設定できる

連絡先の同期、GmailをExchangeで使う

プッシュ受信にすれば、ほぼリアルタイムに受信してくれる。

  • 電子メールアドレス:ユーザ名@gmail.com
  • サーバーアドレス:m.google.com
  • ドメイン:(未入力)
  • ユーザー名:ユーザ名@gmail.com
  • パスワード:[gmailパスワード]
  • 「このサーバーは暗号化されたSSL接続を必要とします。」にチェック
  • menu->その他->設定->送受信->メッセージ形式->テキスト形式
  • menu->その他->設定->送受信->アップデート予定で、「よく使う時間帯」「それ以外の時間帯」を「プッシュメール」に設定する

既に同名のアカウントがある場合、連絡先やカレンダー等が2重に表示されるので、設定->アカウントと同期から、Exchangeではない方を同期しなように設定する。


運転モード(カー パネル)を自動起動させない

  • OS2.2から「カーパネル(Car Home)」が追加された。
  • USBケーブルの結線よってはこのモードで起動するようだ
    • Willcom03の充電器は5V 1000mA。結線は通常のUSBとは異なるようで、自動でカーパネルが起動する。
  • 自動起動を停止するには、アプリ「カーパネル」->「設定」->「自動車キット」->「自動起動」のチェックを外す

Willcom03からの電話帳(連絡先)移行

  1. ConvVCF2をWillcom03にインストール
  2. ConvVCF2を起動し、vcf形式で保存
  3. vcfファイルをPCに転送
  • vcf形式のインポート
    • Gmailの「連絡先インポート」機能を使う。その後Exchangeの設定をすれば自動的に同期される
    • SDカードにvcfファイルを置き、Android本体の「連絡先」アプリでmenuボタンを押すと、インポートできる
  • 注意点
    • 姓名が逆に登録される事がある
    • 誕生日が2001/1/1に勝手に設定されている事がある
  • 「データ転送」アプリは、Bluetooth経由で電話帳の移行を行う

フォント変更

  • 要root
    • Galaxyシリーズは標準でフォント変更機能がある
  • Android-sdkに標準フォントは入っている
    C:\android-sdk-windows\platforms\android-8\data\fonts\
    DroidSans.ttf
    DroidSans-Bold.ttf
    DroidSansJapanese.ttf
    DroidSansFallback.ttf

2.3以下

  • /system/fonts/以下のファイルを入れ替える
  1. adb push DroidSans.ttf /sdcard/
  2. adb push DroidSans-Bold.ttf /sdcard/
  3. adb push DroidSansFallback.ttf /sdcard/
  4. adb push DroidSansJapanese.ttf /sdcard/
  5.  
  6. adb shell
  7.  
  8. # HBOOT->RECOVERYから
  9. su
  10. mount /system/
  11. mount /sdcard/
  12.  
  13. # rootが使える場合
  14. mount -o remount,rw /dev/block/mtdblock3 /system
  15.  
  16. cp /sdcard/DroidSans*.ttf /system/fonts/
  17. chmod 644 /system/fonts/DroidSans*
  18.  
  19. reboot

シャッター音、ビデオ録画開始音の変更

  • SIMフリー機は設定で「シャッターサウンド:OFF」にできるため、以下は不要
  • 要root
  • oggファイルを用意し、上書きする
    1. mount /systemm/
    2. mount /sdcard/
    3.  
    4. cp /system/media/audio/ui/VideoRecord.ogg /system/media/audio/ui/VideoRecord.ogg.bak
    5. cp /system/media/audio/ui/camera_click.ogg /system/media/audio/ui/camera_click.ogg.bak
    6. cp /system/media/audio/ui/camera_click_short.ogg /system/media/audio/ui/camera_click_short.ogg.bak
    7.  
    8. cp -p /sdcard/tmp/nosound.ogg /system/media/audio/ui/VideoRecord.ogg
    9. cp -p /sdcard/tmp/nosound.ogg /system/media/audio/ui/camera_click.ogg
    10. cp -p /sdcard/tmp/nosound.ogg /system/media/audio/ui/camera_click_short.ogg
    11. reboot

ベンチマーク


端末比較


ブレークポイントが動作しない場合

  • AndroidManifest?.xmlに「android:debuggable="true"」を追加する
    <application android:icon="@drawable/icon" android:label="@string/app_name" android:debuggable="true">

APN設定

  • 3GでDNSアクセスを許可 [Q] APN Type Field Options - xda-developers (hipri: High Priority Mobile data)
    APN Type: default,mms,supl,hipri
  • 無線LAN接続時に、MMSが送信できない場合。以下を設定すると直る事もある
    APN Type: default,supl,mms
  • fileAPN.csv

docomo


softbank

  • 設定→無線とネットワーク→モバイルネットワーク設定→アクセスポイント名→メニュー→新しいAPN

au


書籍


アイコン


Flash/AIR


スクリーンショット

  • HTC Desireの設定 -> アプリケーション -> 開発 -> USBデバッグを有効に
  • PCにHTC DesireをUSBで接続。「HTC Sync」を選択
  • 同期はキャンセルして良い
  • android-sdk-windows\tools\ddms.bat を開いてjava.exeのパスを追加
    set java_exe=C:\Program Files\Java\jre6\bin\java.exe
  • android-sdk-windows\tools\ddms.bat を実行
  • 認識しているので、CTRL+Sまたは、メニューのDevice -> Screen Capture
  • 回転や、pngファイルに保存、クリップボードにコピーができる

Screenshot1.jpg Screenshot2.jpg http://phpspot.org/blog/archives/2010/12/iphoneandroid20.html]]

  • [[Android Icons

*1 画像はフォント入れ替えのため表示がおかしい

添付ファイル: fileAPN.csv 1612件 [詳細] fileandroid_calc.jpg 852件 [詳細] fileasm.bat 1149件 [詳細] fileScreenshot2.jpg 1053件 [詳細] fileScreenshot1.jpg 1026件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-15 (土) 07:31:37 (35d)