CentOS 6


2020-11-30でEOLして、yumが失敗する

CentOS 6は、2020-11-30でサポートが終了した。

EOL:

対象:


CentOS6.xのネットワークインストール

  1. インストールメディア(ISO)等をいれて起動
  2. 「Welcome to CentOS 6.x」画面になったら[TAB]キー
  3. 以下コマンドを入力
    vmlinuz initrd=initrd.img text
    • OSインストール時にメモリが652MB以上ないとテキストモードになる)
    • パーティションを自由に区切れない
    • パッケージの選択もできない
  1. netinstall用ISOをダウンロード
    http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/CentOS/6/isos/x86_64/CentOS-6.3-x86_64-netinstall.iso
  2. ISOを焼くなり、unetbootbinでUSBメモリにいれるなりして起動
  3. 「Install system with basic video driver」を選択
  4. Disc Found : Skip
  5. Coose as Language : Japanese
  6. Keyboard Type : jp106
  7. Instllation Method : URL
  8. Configure TCP/IP : Enable IPv4 support, DHCP
  9. URL Setup : ftp://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/CentOS/6/os/x86_64
  10. グラフィカル画面が出てきたら1回クリック or エンター
  11. HDDは全消去
  12. タイムゾーン : アジア/東京
    • システムクロックでUTCを使用のチェックを外す
  13. rootパスワード
  14. すべての領域を使用する
  15. 構成:Minimal
  16. 再起動
  17. rootユーザでログイン
  18. パッケージを最新に更新、必須コマンドのインストール
    yum -y update
    
    # scp:openssh-clients dig:bind-utils
    sudo yum install -y wget unzip ftp sysstat openssh-clients man vim-enhanced
  19. sshがすぐ切れる問題の対策
    /etc/ssh/sshd_config
    ----
    ClientAliveInterval 15
    ClientAliveCountMax 3
    ----
    service sshd restart
    
    mkdir -p ~/.ssh
    chmod 700 ~/.ssh
    cat >> ~/.ssh/config << 'EOS'
    Host *
    ServerAliveInterval 60
    EOS
    chmod 600 ~/.ssh/config
  1. メニュー > VM > VMWare Toolsのインストール
  2. ゲストOSのrootでログイン
    yum -y install perl
    
    # kernel更新の度に ./vmware-install.pl が必要なのでkernelを更新しないように変更
    yum -y install kernel-headers kernel-devel
    cat >> /etc/yum.conf << EOS
    exclude=kernel* sudo*
    EOS
    
    mount /dev/cdrom /media
    cd /media
    tar xvfz VMwareTools-x.x.x-x.tar.gz -C /tmp
    cd /tmp/vmware-tools-distrib/
    ./vmware-install.pl
    # 全部エンター
    
    umount /media
    reboot

ダウンロード


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-11-17 (水) 13:05:16