Memo/dd-wrt/Buffalo_WZR-1750DHP

https://dexlab.net:443/pukiwiki/index.php?Memo/dd-wrt/Buffalo_WZR-1750DHP
 

Buffalo WZR-1750DHP2

WZR-1750DHPの後継機で、違いは標準でペアレンタルコントロール機能のある/なし程度。
2016-08-02現在ヤフオクで5500円+送料程度で買えた。

  • DD-DRTバージョン
    • 05-19-2016-r29739: 11acの速度は出る。製品品番:Linksys EA6700と表示される。CPU温度が70度を超える。数時間でフリーズしたが、ハードウェア故障かもしれない
  • DD-WRT化後スピードテスト
    • 回線:OCN フレッツ 光ネクスト 下り最大200Mbps・上り最大100Mbps
    • テストサイト:http://www.speedtest.net/
ルータ機種/接続方法download(Mbps) 3回平均upload(Mbps) 3回平均
WZR-HP-AG300H/有線181.6995.82
WZR-1750DHP2/有線189.1195.41
WZR-HP-AG300H/無線802.11n71.9994.87
WZR-1750DHP2/無線802.11ac174.9793.82
  • Buffalo WZR-1750DHP [OpenWrt Wiki]
    • IEEE802.11 a/b/g/n/ac
    • CPU: Broadcom BCM4708
    • RAM: 512MiB
    • Flash ROM: 128MiB
    • デバッグモード:有り(v2.28まで。v3.30は無効化されている)

v2.28へダウングレード

  1. ソフトウェア ダウンロードサービス | BUFFALO バッファロー から2.28用をダウンロード
  2. PCと有線LANで接続
  3. ルータ本体のプラグを入れ、5分程度まつ
  4. ルータ本体のプラグを抜く
  5. ルータ本体のプラグを入れる。Buffaloのロゴが白くなったら起動している。
  6. しばらくするとPCのブラウザでルータの設定画面になる
  7. 設定 > 管理 > ファームウェア更新でv2.28のファイルを指定
  8. ファームウェアの情報
    • /proc/mtd
      cat /proc/mtd
      dev:    size   erasesize  name
      mtd0: 00080000 00020000 "boot"
      mtd1: 00180000 00020000 "nvram"
      mtd2: 017a0000 00020000 "kernel"
      mtd3: 015bae8c 00020000 "rootfs"
      mtd4: 07500000 00020000 "linux"
      mtd5: 00800000 00020000 "user_property_raw"
      mtd6: 00100000 00020000 "BBT"
      mtd7: 0001f800 0001f800 "user_property"
    • ubootenv listは何も出力されない
    • ddも2/4で応答が無くなったため、中止した

Buffalo WZR-1750DHP

  • DD-DRTバージョン
    • 05-19-2016-r29739: 製品品番も正しく表示される。CPU温度72度。5ヶ月ほど連続稼働しているが安定。
  • DD-WRT化後スピードテスト
    • 回線:OCN フレッツ 光ネクスト 下り最大200Mbps・上り最大100Mbps
    • テストサイト:http://www.speedtest.net/
ルータ機種/接続方法download(Mbps) 3回平均upload(Mbps) 3回平均
WZR-1750DHP/無線802.11ac190.3996.51
  • Buffalo WZR-1750DHP [OpenWrt Wiki]
    • IEEE802.11 a/b/g/n/ac
    • CPU: Broadcom BCM4708
    • RAM: 512MiB
    • Flash ROM: 128MiB
    • デバッグモード:有り(v2.27まで。v2.29は無効化されている)

dd-wrtのインストール

  1. ftp://ftp.dd-wrt.com/betas/2016/05-19-2016-r29739/buffalo_wzr-1750dhp/ からダウンロード。DD-WRT FIRMWARE CHANGELOG を見て、ログが残っている最新を選択した。
    • buffalo-wzr-1750dhp-webflash.bin
    • factory-to-dd-wrt.bin
  2. ルータを再起動すると勝手にブラウザが起動するはずなので、デバッグモードを有効 にする
  3. 同ブラウザで http://192.168.11.1/cgi-bin/cgi?req=frm&frm=py-db/55debug.html を開く
  4. USリージョンへ切替を行う。変更前(JP)だと「ファームウェアデータが正しくありません。再起動します。」になる。
  5. 同ブラウザで http://192.168.11.1/cgi-bin/cgi?req=frm&frm=py-db/firmup.html を開く
  6. buffalo-wzr-1750dhp-webflash.bin を指定し、初期化にチェックを入れ、OK
  7. 5分程度待つ。絶対に電源を切らないように。 Buffaloのランプが消えて、ping 192.168.1.1 の応答があるのを確認
  8. ルータのIPが変わっているので、ブラウザで http://192.168.1.1/ を開き、管理ユーザの設定を行う
    • user: root
    • password: ********
  9. http://192.168.1.1/ を再度ブラウザで開く、basic認証で聞かれるはず。ログインできない場合は、ルータを再起動してみる
  10. 初期設定 を行う

Buffalo US ファームウェア


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-15 (土) 07:31:38 (9d)