GitHub


デプロイキーでcheckoutする


mermaid記法でMarkdown内にダイアグラムを書く

mermaid記法

その他の選択肢。AWSアイコン等を使いたいなど


force pushの禁止

記事:


リポジトリから機密情報の削除

記事:


Codespaces


Secret scanning: 誤ってコミットされたシークレットの不正使用を防止


Issueからガントチャートを作る

2021-04現在、標準機能にはチャート作成は無い


git pullが失敗する場合

確認:

解決: ControlMaster を明示的に切断する


OSSへの貢献 Issue/PullRequestの作り方


PRやIssueからファイルへのリンク


Code Scanning: コードの脆弱性とエラーを自動的にスキャン

有効化手順:


SubvesionからGitHubへ移行

localにある「file:///var/www/svn/dev/」をgithub private repoへ移行する:

  1. 空のgit repoを作成
    mkdir -p git-svn/dev/
    cd git-svn/dev/
    
    # svnのrevを確認
    svn info file:///var/www/svn/dev/
  2. git repoの初期化: .git/config に保存される。
    • 一般的なsvn: 以下のように branches, tags, trunkがある場合
      svn ls file:///var/www/svn/repo/
      branches/
      tags/
      trunk/
      
      git svn init -s --prefix=svn/ --no-minimize-url file:///var/www/svn/dev/
    • trunk等が無く、直接ファイルが置いてある場合。「--trunk=/」を追加する
      svn ls file:///var/www/svn/repo/
      dir1
      dir2
      ...
      
      git svn init -s --prefix=svn/ --no-minimize-url --trunk=/ file:///var/www/svn/dev/
  3. svn repoからgit repoへfetchする
    git svn fetch
  4. GitHubは1ファイル50MBで警告、100MBでブロックされる制限がある。gitはsvnと違い、部分チェックアウトできないのでバイナリファイルは削除して、軽量化したほうが良い。
  5. svnのブランチ/タグをgitへ変換したい場合
  6. remoteへpush
    git remote add origin git@github.com:<user>/<repo>.git
    git branch -M master
    git push -u origin master

GitHub pages: GitHub リポジトリでwebサイトを公開


fork元リポジトリと同期

  1. upstream が登録されているか確認。ここではoriginしかかった
    git remote -v
    
    origin  git@github.com:<YOUR_USER>/<REPO>.git (fetch)
    origin  git@github.com:<YOUR_USER>/<REPO>.git (push)
  2. fork元を upstream として登録
    git remote add upstream https://github.com/<ORIGINAL_USER>/<REPO>.git
  3. upstreamを最新に更新
    git fetch upstream
  4. 自分のリポジトリに変更を取り込む
    git checkout master
    git pull -p
    git merge upstream/master
  5. 変更点を確認して、自分のリポジトリにpush
    git diff origin/master
    git push origin master

act: GitHub Actionsをローカル実行

※GitHub actionsに「workflow_dispatch」が追加されたので、手動でのテストはできるようになった


self-hosted runner: Actionsを実行する独自ホスト


private githubのReleasesからファイルをダウンロードする


Advanced search


リポジトリの移譲


ガイドライン


ToC: 目次の自動生成


Packages: パッケージの公開

CLI:


Draft Pull Request

PRを作る時に選択できるようになった。

PRをDraftへ戻す。


PR中にフィードバックを取り込む

PRのレビュー中に、数行の変更を提案したい場合に便利。


Organization: 企業や組織単位でリポジトリを管理


Insights: リポジトリ/Organizationの分析/可視化


README.md の書き方


CHANGELOG.md の書き方


project/スケジュール管理


無料アカウントは1個人1つ

GitHubの規約的には。


複数アカウントのマージ


WebHook等で許可すべきIP

IP制限をしている場合、GitHubのIPを許可する必要がある。


Actions: ワークフローの自動化とカスタマイズ


localでのテスト


AWSとの連携


GitHub markdownで使える言語

```言語の名前 or aliases
コード
```

GitHub上で、ブランチ、コミットIDの比較

GitHub上で、ブランチ、コミットID間の比較ができる。
レビューする人の負担が減る。

GUIの場合:

  1. セレクトボックスから、デフォルト以外のbranchを選択
  2. Cloneボタンの下に、「Compare」リンクが表示されるのでクリック
  3. 比較したいbranchを選択

URLから直接入力する場合:


GitHubを使った開発フロー


Issue/PR Template

例:


二段階認証


一時的にユーザ名の変更


GitHub for WindowsでBitBucketを使う

GitHubはデフォルトで正しい秘密鍵が指定されるようだが、BitBucketでは秘密鍵を明示的に指定する必要があった

  1. https://bitbucket.org/ のアカウントの管理 > SSHキーにGitHub for Windowsで使用している公開鍵を追加
    • %USERPROFILE%\.ssh\github_rsa.pub
  2. Git Shellを開き以下のようにする
    vim ~/.ssh/config
    ----
    Host bitbucket.org
      User git
      Port 22
      HostName bitbucket.org
      IdentityFile ~/.ssh/github_rsa
      TCPKeepAlive yes
      IdentitiesOnly yes
    ----

GitHubに登録した公開鍵は世界に公開される


よく使うリンク


Markdown記法


webhook: push後、指定サーバに通知を送信、サーバ上で自動更新


接続に使うユーザの確認

ssh -T git@github.com

Hi <UserName> ...

ERROR: Repository not found.


Issue


githubのpull request

変更点を含んだブランチを元リポジトリに取り込んで貰うようにリクエストを投げる事

  1. 該当ブランチを選択
  2. Compare & pull Request ボタン
  3. @名前で該当の人を記入
  1. Changesetで変更点を確認
  2. Merge pull request
  3. Confirm merge
  4. Delete branch

リポジトリ毎に別のgithubアカウントを使う


使い方

  1. https://github.com/signup/free 無料アカウントの作成
  2. Linux上での作業用にSSH公開鍵の登録。パスフレーズをありにすると毎回聞かれるので空でも良い
    ssh-keygen -t rsa -C "your_email@youremail.com"
    
    秘密鍵と公開鍵が出来るので保存しておく
    ~/.ssh/id_rsa
    ~/.ssh/id_rsa.pub
    
    コミットログに表示される名前とメールアドレスを設定。~/.gitconfig に保存される
    git config --global user.name "your_name"
    git config --global user.email "your_email@youremail.com"
  3. githubにログインした状態で右上のAccount Settingsを選択し、SSH Keys > Add SSH Keyに「~/.ssh/id_rsa.pub」の内容をコピペ
  4. 右上のCreate New Repoで新しいリポジトリ(例:example)を作成
  5. ローカルに新規リポジトリを作成する場合
    mkdir example
    cd example
    git init
    touch README
    git add README
    git commit -m 'first commit'
    # URLに'origin' という短い別名を付ける(必須ではない)
    git remote add origin git@github.com:your_name/example.git
    # git push git@github.com:your_name/example.git master:master と同じ
    git push -u origin master
    • linux上でローカルリポジトリをもってくる場合
      git clone git://github.com/your_name/example.git
      cd example
      
      # リモートの更新内容を反映
      git pull
      
      # ファイルの追加
      git add README
      
      # 全ての変更を追加
      git add .
      
      # 変更の確認
      git status
      
      # 差分の確認
      git diff [ファイル名]
      
      # 変更を元に戻す
      git revert ファイル名
      
      # 変更のコミット
      git commit -a
      
      # リモートリポジトリへ反映
      git push

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-06-16 (木) 12:13:03