RDS


RDS Snapshot Export: スナップショットをS3へ出力して、Athena/Glueで分析


トラブルシューティング


MySQL パラメータグループのbinlog_formatがreplicaからmasterに昇格した時に維持されない

環境:

現象:

原因:

対策:


RDS起動直後は status=available になっても接続できない場合がある


バージョンの廃止


Performance Insights: SQLのパフォーマンス分析等


DBマイグレーション


ログの分析


スナップショットをS3へエクスポート


RDS proxy: コネクションプールを提供

サーバレス(Lambda等)は同時に多数アクセスされると、DBにその都度接続するため、コネクション数がDBの最大コネクションを超える事がある。 Lambda等のアプリ側で、コネクションプールや自動フェイルオーバー機能を持ってない場合等。


SSL/TLS接続


Storage Auto Scaling: ストレージの自動拡張


PostgreSQL


セキュリティ


パフォーマンスチューニング


監査ログ


ストレージタイプの変更


ClassicからVPCへ移行


VPC上のRDSにElasticIPを付与

VPC上のRDSは名前解決すると、プライベートIPになるため、VPC以外からアクセスできない。
ElasticIPをVPC上に取得し、それをRDSに付与する事で外部からでもアクセスできる。


DBエンジンのアップグレード


タイムゾーンの変更


レストア


オンプレミスのMySQLからRDSへの移行


サービス停止する変更


Automated Snapshotが出来ない


デフォルトのmax_connectionsはメモリサイズによって変わる

Management Consoleで任意の値に変更可能


mysqldump --all-databasesでAccess Deniedになる場合


ARN


テーブル圧縮


Zabbixで監視


RDS slow log/クエリログの有効化


タグの取得


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-11-27 (土) 10:30:11