Memo/Grafana

https://dexlab.net:443/pukiwiki/index.php?Memo/Grafana
 

Grafana


Direct link rendered image: 画像へのリンクを取得

チャットに画像を直接貼りたい。

  • 注意点
    • 画像のURLにも認証が入るため、認証がONの場合見えない。
  1. グラフをクリック > Share
  2. Direct link rendered imageをクリックすると、画像取得できるURLが発行されるのでコピペ
  3. チャットアプリによっては末尾に画像の拡張子が必要なので「#.png」を付ける

サンプルテンプレート


Elasticsearch

  • 記事

バックアップ&リストア

DBのバックアップを取るだけ。


sqlite3の場合

  • バックアップ:毎日1回、最大7日の場合
    sudo nice sqlite3 /var/lib/grafana/grafana.db .dump | gzip > grafana.sqlite3.$(date +%w).gz
  • リストア:
    sudo service grafana-server stop
    sudo mv /var/lib/grafana/grafana.db /var/lib/grafana/grafana.db.$(date +%Y%m%d)
    zcat grafana.sqlite3.1.gz | sudo sqlite3 /var/lib/grafana/grafana.db
    sudo chown grafana:grafana /var/lib/grafana/grafana.db
    sudo service grafana-server start

設定ファイル

  • CentOS 7
    • /etc/grafana/grafana.ini
      [paths]
      # sqlite3のDBファイル等
      data = /var/lib/grafana
      # ログファイルのパス
      logs = /var/log/grafana
      [database]
      # sqlite3のDBファイル名
      path = grafana.db
      type = sqlite3

ログの出力先変更

CentOS 7で同じ内容のログが出ている場合、変更できる。

  • mode
    • console: /var/log/messages
    • file: /var/log/grafana/grafana.log
    • console, file: 両方に出力する
  • /var/log/grafana/grafana.log だけにする
    sudo vim /etc/grafana/grafana.ini
    --
    [log]
    ...
    mode = file
    --
    sudo service grafana-server restart

Templating: テンプレート化

Grafana 2.1からの機能。変数を定義して、変数に応じてグラフを切り替える事ができる。
変数自体は固定値だけでなく、データソースも指定できるため、動的に変更があっても、Grafana側の変更は不要にできる。
データソース自体も選択可能にできる。


関数

  • top(10, avg)
    • 複数アイテムがあった場合、上位10件を表示
  • bottom(10, avg)
    • 複数アイテムがあった場合、下位10件を表示
  • groupBy(interval, function)
    • 時間単位でアイテムの最大、最小、平均等を求める
  • sumSeries()
    • 複数のアイテムの合計。CPU負荷が高いのでgroupBy()と合わせて使う事推奨
  • setAlias(alias)
    • グラフ上に別名として表示できる

単位

  • サイズの表記が複数あるが、グラフのAxesタブ > Unit上の表記は同じ「bytes」なので注意。
    • data (IEC) bytes: GiB表記。2進数での表示。通常コンピュータ上の表記はこちら
    • data (Metric) bytes: GB表記。10進数での表示。

Zabbix

  • Zabbixは複数ホストの重ねグラフはテンプレートできなかったり苦手。その部分はGrafanaにまかせる
  • 複数ホストのアイテム表示に正規表現「/hostname/」等が使える
  • ZabbixはGB表記だが、GrafanaグラフのUnitは「data (IEC) bytes」を選択すると正しい値になる。

Direct DB Connectionで高速化


複数zabbixのデータソースのテンプレート化

  • Templating例:dev/prodとzabbixが2つあり、データソースを切り替えたら、host groupも変わるようにする。
    • Variable:
      • Name: data_source_zabbix
      • Type: Datasource
    • Data source options:
      • Type: Zabbix
    • Variable:
      • Name: zabbix_host_group
      • Type: Query
    • Query Options:
      • Data source: $data_source_zabbix
      • Refresh: On Dashboard Load (これにしないと、zabbix_host_groupに追加された場合でも出て来ない?)
      • Query: *
      • Sort: asc

複数ホスト上の同じ項目の合計

  • 複数ホスト(web01,02)上の同じ項目のアイテムを合計してグラフに表示する
  • Metricsタブ > Query Mode: Metrics
  • Group: $zabbix_host_group
  • Host: /web.+/
  • Item: access count per min
  • Functions: groupBy(1m, avg) sumSeries() setAlias(access count)
  • Panel data source: $data_source_zabbix

plugins: プラグイン


一覧

sudo grafana-cli plugins ls
installed plugins:
alexanderzobnin-zabbix-app @ 3.8.1

更新

  • pluginの更新があると、Home DashboardのInstalled Appsに通知される。
  • Up to dateリンクから更新方法の案内が見えるので簡単
  • 例: CentOS7上の「zabbix」プラグインを更新。
    sudo grafana-cli plugins update alexanderzobnin-zabbix-app
    sudo service grafana-server restart

追加

  • 例: CentOS7上の「zabbix」プラグインを追加
    sudo grafana-cli plugins install alexanderzobnin-zabbix-app
    sudo service grafana-server restart

インストール


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-28 (水) 17:17:25 (17d)