Memo/AmazonWebServices/EC2-classic

https://dexlab.net:443/pukiwiki/index.php?Memo/AmazonWebServices/EC2-classic
 

EC2-classic: クラシックネットワークの廃止

  • EC2-Classic Networking は販売終了になります — 準備方法はこちら | Amazon Web Services ブログ
    • 2013 年 12 月 4 日以降に作成されたすべての AWS アカウントは、サポートリクエストの結果として EC2-Classic が有効になっている場合を除き、すでに VPC 専用です。
    • 2021 年 10 月 30 日に、以下に挙げたように、リージョン内にアクティブな EC2-Classic リソースがない AWS アカウントのリージョンで EC2-Classic を無効にします。また、EC2-Classic の 1 年および 3 年間のリザーブドインスタンスの販売を修了します。
    • 2022 年 8 月 15 日に、すべての移行が完了し、残りの EC2-Classic リソースは AWS アカウントに存在しないことが予想されます。

ec2-classic-resource-finder: ec2-classicのリソースを探し、CSV出力する

インストール:

git clone https://github.com/aws-samples/ec2-classic-resource-finder.git
cd ec2-classic-resource-finder/
chmod +x *.sh

1 アカウントのみ:

export AWS_PROFILE=user1-readonly
./Classic-Resource-Finder.sh

# 出力CSV
Classic_Auto_Scaling_Groups.csv
Classic_ClassicLink_VPCs.csv
Classic_CLBs.csv
Classic_EC2_Instances.csv
Classic_EIPs.csv
Classic_ElastiCache_Clusters.csv
Classic_OpsWorks_Stacks.csv
Classic_Platform_Status.csv
Classic_RDS_Instances.csv
Classic_Redshift_Clusters.csv
Classic_SGs.csv
  • Classic_EC2_Instances.csv: Tag:Name等が出ないので不便なので改善したい
    i-0d632aa76425ef607,ap-northeast-1
    i-abcdef1234567890a,ap-northeast-1

organization account:

export AWS_PROFILE=org-user1
./multi-account-wrapper.sh -r my-assume-role-readonly -f "Classic-Resource-Finder.sh"
  • デフォルトでは「aws organizations list-accounts」を実行できるユーザと、「aws sts assume-role」を実行できるユーザが同じアカウントである事を期待している。
  • 動かない場合、AWS_PROFILEにはassume-roleを実行できるユーザー、multi-account-wrapper.sh 内はlist-accountsを実行できるユーザーを指定する。
    for account in `AWS_PROFILE=org-user1 aws organizations list-accounts...
  • 「We failed to get the current UserID or ...」で失敗する場合、以下の「if 〜 fi」までをコメントアウト。ROLESESSIONNAME が正規表現と一致しないケースがあるようだ。
    # if [[ ! $ROLESESSIONNAME =~ $ROLESESSIONNAMEREGEX ]]
    ...
    # fi

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-08-18 (水) 19:42:00 (35d)