Memo/VMware

https://dexlab.net:443/pukiwiki/index.php?Memo/VMware
 

VMware


NATネットワークにつながらないとき

  • ホストからlocal sshでvmへ繋がらない時
  1. 編集 > 仮想ネットワークエディタ
  2. タイプ:NATを選択
  3. ホスト仮想アダプタをこのネットワークへ接続:チェック

Kernel panicを起こす場合


VirtualBox?をインストールするとブリッジ接続が出来なくなる

以下の環境に VirtualBox?-4.3.10-93012-Win.exe を追加した所、ブリッジ(物理ネットワークに直接接続)が出来なくなった。
NATは使えた。VirtualBox?をアンインストールすると元に戻った。

  • 環境
    • OS: Windows 7 Pro SP1 64bit
    • VMware Workstation 9.0.3
  • CentOS6.xのエラーメッセージ
    Determining IP information for eth0...failed.

エラー「Determining IP information for eth0... failed」


VHD形式をVMDK形式へ変換


VMware vSphere Hypervisor

VMware vSphere Hypervisor - wikipedia

VMware ESXからコンソールOS(VMware VirtualCenter?、カスタマイズされたLinux)を除き、さらに単独での運用に特化したクラスタ機能を含まない製品。従来の名称はVMware ESXi。マイクロソフトのHyper-Vに対抗するために無償公開される前はInfrastractureの一部だった。VMware ESX同様、ホストOS環境を必要としないハイパーバイザ型の仮想化OSである。


構築済みマシンイメージのダウンロード


エラー「Device eth0 does not seem to be present, delaying initialization」

  • 環境
  • CentOS6.3 x86_64
  • VMware Workstation 8.0.3
  • クローンしたOSから起動した場合に「Device eth0 does not seem to be present, delaying initialization」が出て、ネットワークにつながらない
  • 対処1(簡単)
  1. /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 のHWADDRの行を削除
  2. /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules を削除(自動生成される)
  3. reboot
  • 対処2(丁寧にやるなら)
  1. ifconfig -a でMACアドレス調べる
  2. /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 のHWADDRを変更
  3. /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules のeth0行を消してeth1を変更
    NAME="eth0"
  4. reboot

VMware-toolsのインストール

  • Linuxの場合、kernel moduleに対応したVMware-toolsが必要
  • 記事

CentOS 7

  • 環境
  • VMware workstation 9.0.4
  • CentOS Linux release 7.4.1708 (Core)
  • 共有フォルダ /mnt/hgfs/ 以下にファイルが見えない
    • VMware-tools 9.2.4 には kernel 3.10用moduleは入っていなかった
  • VMware Tools のドキュメント から最新 VMware-Tools-10.1.15-core-6677369.zip をダウンロード
  • 展開して linux.iso を仮想マシンの設定からマウントする
  • 既存のvmware-toolsはアンインストール
    sudo yum erase open-vm-tools
    sudo /tmp/vmware-tools-distrib/bin/vmware-uninstall-tools.pl
  • 再インストール
    sudo yum -y install kernel-headers-$(uname -r) kernel-devel-$(uname -r) gcc perl
    sudo bash -c 'echo "exclude=kernel*" >> /etc/yum.conf'
    
    # kernelの更新があった場合はreboot
    sudo reboot
    
    sudo mkdir -p /usr/src/linux-headers-$(uname -r)/include/linux/
    sudo ln -s /usr/include/linux/version.h \
    /usr/src/linux-headers-$(uname -r)/include/linux/version.h
    sudo mount /dev/cdrom /media/
    rm -rf /tmp/vmware-*
    tar xvfz /media/VMwareTools-10.1.15-6677369.tar.gz -C /tmp/
    sudo umount /media/
    cd /tmp/vmware-tools-distrib/
    sudo ./vmware-install.pl --clobber-kernel-modules=vmhgfs
    Do you still want to proceed with this legacy installer? [no] yes
    # 全てenter
    # 途中で vmhgfs のビルドが成功すればOK
    sudo yum clean all
    
    sudo reboot
  • インストールしたバージョンの確認と「/mnt/hgfs/」以下に共有フォルダが見えていたら成功
    ls /mnt/hgfs/
    
    vmware-toolbox-cmd -v 
    10.1.15.65452 (build-6677369)
    pgrep vmtoolsd -lf
    767 vmtoolsd

CentOS 6

  • 環境
    • VMware workstation 8.0.4
    • CentOS-6.3-i386-netinstall.iso
      • ※CentOS-6.3-x86_64-minimal.isoだと、再起動時にKernel Panicになったため
  1. メニュー > VM > VMWare Toolsのインストール
  2. ゲストOSのrootでログイン
yum -y update
yum -y install perl

# kernel更新の度に ./vmware-install.pl が必要なのでkernelを更新しないように変更
yum -y install kernel-headers kernel-devel
cat >> /etc/yum.conf << EOS
exclude=kernel* sudo*
EOS

mount /dev/cdrom /media
cd /media
tar xvfz VMwareTools-*.*.*-*.tar.gz -C /tmp
cd /tmp/vmware-tools-distrib/
./vmware-install.pl
# 全部エンター

umount /media
yum clean all
reboot

起動せずにマウント


CentOS 5.2 での時計ずれを修正する

VMware/CentOS5/テンプレート - Revulo's Laboratoryを参考にインストールしたが、時計ずれが直らない。数分で数百秒ずれる。

結局以下のオプションを追加する事で、1秒以下まで抑える事ができた。

  • ホストOS
    • CentOS 5.2.vmx
      tools.syncTime = "TRUE"
      processor1.use = "FALSE"
  • ゲストOS。CentOS5.1以降は「divider=10 clocksource=acpi_pm」オプションとntpdを起動
    • 割り込み頻度を1000 -> 100へ減らす。システム時刻の訂正にacpi_pmを使用
      vi /boot/grub/grub.conf
      ----
              kernel /vmlinuz-2.6.18-164.11.1.el5 ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00 divider=10 clocksource=acpi_pm
      ----
    • ntpdを使用する場合
      yum install ntp
      perl -p -i -e 's#^(server \d+.centos.pool.ntp.org)#\#$1#' "/etc/ntp.conf"
      cat >> /etc/ntp.conf << EOS
      server ntp.nict.jp
      server ntp.jst.mfeed.ad.jp
      server ntp.ring.gr.jp
      EOS
      service ntpd restart
      chkconfig ntpd on
      ntpdate ntp.nict.jp; hwclock --systohc;
    • root cron を使用する場合
      crontab -e
      ----
      */10 * * * * (/usr/sbin/ntpdate ntp.nict.jp; /sbin/hwclock --systohc) > /dev/null 2>&1
      ----

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-15 (土) 07:31:38 (5d)