CakePHP


CakePHP2.0

OAuth


html解析


Fatal error: session_start()


Modell::create()でbool型がstring型で戻る対策


モデル::read() するとエラーが表示されない


キャッシュの複数設定

 Configure::write('Cache.disable', false); // サイト全体のキャッシュを有効に
 Configure::write('Cache.check', true); // viewキャッシュのチェックを有効に
// short
Cache::config('short', array(
    'engine' => 'File',      // キャッシュエンジン (デフォルト:File)
    'duration'=> '+2 hours', // キャッシュ期間(デフォルト:3600 秒) strtotime()で使える文字列
    'probability'=> 100,     // ガベージコレクタの起動確率(デフォルト:100)
    'path' => CACHE,         // キャッシュディレクトリ(デフォルト:CACHE)
    'prefix' => 'cake_',     // キャッシュファイルに付ける接頭語
    'lock' => false,         // write時にロックするか(デフォルト:false)
    'serialize' => true)     // シリアライズするか。(デフォルト:true)
);

// medium
Cache::config('medium', array(
    'engine' => 'File',
    'duration'=> '+1 day',
    'probability'=> 100,
    'path' => CACHE,
    'prefix' => 'cake_',
    'lock' => false,
    'serialize' => true)
);

// long
Cache::config('long', array(
    'engine' => 'File',
    'duration'=> '+1 week',
    'probability'=> 100,
    'path' => CACHE,
    'prefix' => 'cake_',
    'lock' => false,
    'serialize' => true)
);

// default = medium
Cache::config('default', Cache::config('medium'));

if (!$cachedata = Cache::read(('cache_key','short')) {
    // retrieve data if cache is empty
    $data = $this->Model->read(null, $id);
    Cache::write('cache_key', $data, 'short');
}

携帯サイトを作る際の注意点

携帯でsession.use_trans_sid=1だと、セッション文字列が消える不具合


SQLエラーを取得


AuthComponentと連携してcreated_by, modified_byを保存するビヘイビア


query() fetchRow()の結果がMySQLとPostgreSQLで違う


添付ファイル: filewhodidit.php.patch 2518件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-15 (土) 07:31:38