Memo/Blynk

https://dexlab.net:443/pukiwiki/index.php?Memo/Blynk
 

'Memo/Blynk/' には、下位層のページがありません。

Blynk IoTサービス

  • http://www.blynk.cc/
    • ESP8266, Arduino, Raspberry Pi, SparkFun? 等をスマホアプリと接続するサービス。インターネット経由で、各種センサーからデータを取得したり、スマホから操作できる。
    • スマホアプリ(Android/iPhone)側はウィジットを配置するだけでプログラミング不要。
      • ウィジット配置毎にEnergyを消費する。アカウント作成時に2000 Energy持っている
      • アプリ内課金でEnergyを購入
      • Google Playでの価格(2017-08-29):1000 $0.99(110円) / 2,400 $1.99(220円) / 5,000 $3.99(440円) / 13,000 $9.99(1,120円) / 28,000 $19.99(2,220円)
      • 複数端末から同一プロジェクトを操作してもリアルタイムで反映される
    • センサー側はBlynk daemonを起動する。各種言語(C/C++等)でプログラムを組む必要があるが、サンプルをちょっと変えるだけで動作した。

サンプル


アプリケーション設計

  • Pull型
    • スマホアプリからの操作を待ち、ハードウェアがBlynk ServerからPullする
    • 例:ボタン類
    • 関数
      • BLYNK_READ()
      • BLYNK_WRITE()
  • Push型
    • ハードウエアから、Blynk Serverへ明示的にデータ送信する
    • 例: 温度、湿度センターからのデータを定期的に送信する
    • 関数
      • Blynk.virtualWrite()

タイマー処理/定期処理

Displayウィジットではアプリを開いた時にのみデータを取得している。
そのため、温度や湿度といった定期的にデータを取得したいときはタイマーを使う。


LABEL書式

  • LABEL書式
    説明FormatDisplay
    書式なし/pin/12.6789
    小数点以下0桁/pin./12
    小数点以下1桁/pin.#/12.6
    小数点以下2桁%/pin.##/12.67

Alexa連携

  • 記事

Belkin WeMo?をエミュレートしてAmazon Echoと連携


GPS Trigger: スマホのGPSセンサーでエリアに入る/出るを検知

  • 一定距離に入った/出たらトリガー発生して、何かを指定できる

blynk server

  • オープンソース。Java製

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-06 (木) 12:47:06 (12d)