Memo/Windows/10/WSL/Ubuntu

https://dexlab.net:443/pukiwiki/index.php?Memo/Windows/10/WSL/Ubuntu
 

Ubuntu

  • Windows StoreにUbuntu公式があるのでインストールは楽

sshdの起動

sudo apt install openssh-server
sudo service ssh start

Ubuntuのアップグレード


Ubuntu16.04から18.04へのアップグレード

legacy環境で記事通りに更新した所、約50分かかった。


Ubuntu14.04から16.04へのアップグレード

  • 1時間程度かかるので時間がある時に。
sudo do-release-upgrade
...
 Continue [yN]  Details [d]y
sudo apt update
sudo apt upgrade
sudo apt autoremove
# バージョン確認
lsb_release -a
No LSB modules are available.
Distributor ID: Ubuntu
Description:    Ubuntu 16.04.4 LTS
Release:        16.04
Codename:       xenial

インストールパス

  • Storeからインストールされた場合、「C:\Program Files\WindowsApps」に入るようだ
  • Store版 Ubuntu 18.04 LTSの場合
    C:\Program Files\WindowsApps\CanonicalGroupLimited.UbuntuonWindows_1804.2018.817.0_x64__79rhkp1fndgsc
  • Store版 Ubuntu 18.04 LTSの /home/<user>/
    C:\Users\<user>\AppData\Local\Packages\CanonicalGroupLimited.UbuntuonWindows_79rhkp1fndgsc\LocalState\rootfs\home\<user>

インストール

  • Ubuntuの場合、legacy版とstore版がある
    • store版: Ubuntu 18.04 LTS
      • お勧め: opensshのincludeが使えるのが7.3以上。dockerもそのまま使えるため。
      • OpenSSH: 7.6p1
    • legacy版: Ubuntu 16.04 LTS
      • Bash on Ubuntu on Windowsと呼ばれていた頃のバージョン
      • OpenSSH: 7.2p1
  1. Windowsキー + Xキー > Aキー (Windows PowerShell?)
    bash
    cd ~/
    
    # ストア版Ubuntuでは不要。sudo時に「ホスト <hostname> の名前解決ができません」メッセージ解決
    sudo perl -p -i -e "s/127.0.0.1 localhost/127.0.0.1 $(hostname) localhost/g" /etc/hosts
    
    # リポジトリをjpへ変更
    sudo perl -p -i -e "s/archive/jp.archive/g" /etc/apt/sources.list
    # デフォルトumask 000(ファイルを作ると0666)なので、022(ファイルを作ると0644)へ変更
    echo 'umask 022' >> ~/.bashrc
    source ~/.bashrc
    
    # パッケージのアップグレード
    sudo apt-get update
    sudo apt-get upgrade
    
    # 必要なパッケージをインストール
    sudo apt install make git
    
    # バージョン確認: legacy版。ストアからインストールした場合は18.04 LTS
    lsb_release -a
    No LSB modules are available.
    Distributor ID: Ubuntu
    Description:    Ubuntu 14.04.5 LTS
    Release:        14.04
    Codename:       trusty
  • 日本語用パッケージ追加
    sudo apt install language-pack-ja manpages-ja manpages-ja-dev
  • 言語の変更: 英語の場合はen_US.UTF-8
    sudo update-locale LANG=ja_JP.UTF-8
    exit
    # 再度bash起動
    echo $LANG
    ja_JP.UTF-8
  • タイムゾーンの変更: デフォルトがDSTなので、JSTへ変更
    # sudo timedatectl: Failed to create bus connection: No such file or directory
    echo "Asia/Tokyo" | sudo tee /etc/timezone
    sudo dpkg-reconfigure --frontend noninteractive tzdata
    # dateで確認
  • rootユーザにパスワードを設定すると、sudoが壊れても「su -」でrootになって直せる。
    sudo passwd
  • visudoのエディタをvimへ変更
    sudo update-alternatives --set editor /usr/bin/vim.basic
  • sudoでパスワードを要求しないようにしたい場合
    sudo visudo -f /etc/sudoers.d/user01
    --
    user01 ALL=(ALL) NOPASSWD: ALL
    --

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-06 (木) 15:21:16 (257d)