雑記/2014-06-12

https://dexlab.net:443/pukiwiki/index.php?%BB%A8%B5%AD/2014-06-12
 

WD30EZRX-1TBPx2台でRAID1

雑記/2014-06-06でGW3.5MX2-SUE/CB + WD20EARSx2台構成でHDD故障とバックアップした。
GW3.5MX2-SUE/CBの仕様をしらべると3TBまでは対応しているようなので、WD30EZRX-1TBPを2台を購入してリカバリする事にした。


構築手順

  • RAID1に設定する場合
  1. 新しいHDDx2に交換する
  2. ジャンパスイッチをRAID1に設定
  3. 電源ON(まだPCには繋がない)
  4. ファン前にある黒いボタン型スイッチを押すと、リビルドが始まる
  5. PCに接続
  6. Ubuntu 12.04 LTSにUSB2.0で接続した場合の認識。正常に3TB認識している。
    dmesg
    ...
    [ 3840.979590] usb 1-4: new high-speed USB device number 3 using ehci-pci
    [ 3841.112231] usb 1-4: New USB device found, idVendor=1a4a, idProduct=1670
    [ 3841.112243] usb 1-4: New USB device strings: Mfr=1, Product=2, SerialNumber=3
    [ 3841.112250] usb 1-4: Product: 5744 FW:1.1597
    [ 3841.112257] usb 1-4: Manufacturer: Silicon Image, Inc
    [ 3841.112262] usb 1-4: SerialNumber: 67304734999999999999
    [ 3841.112966] scsi7 : usb-storage 1-4:1.0
    ...
    
    ----
    LANG=C fdisk -l
    ...
    Disk /dev/sdc: 3000.6 GB, 3000592982016 bytes
    256 heads, 63 sectors/track, 363376 cylinders, total 5860533168 sectors
    Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
    Sector size (logical/physical): 512 bytes / 8388608 bytes
    I/O size (minimum/optimal): 8388608 bytes / 8388608 bytes
    Alignment offset: 4380672 bytes
    Disk identifier: 0x00000000
  7. fdiskは2TBまでしか扱えないため、partedを使う
    LANG=C parted /dev/sdc
    
    # パーティションを確認して削除(一度windowsに繋いでGPTにしたため見えている)。rmは即座に削除されるため注意
    (parted) p
    Model: External AL2_12345678_0_S (scsi)
    Disk /dev/sdc: 3001GB
    Sector size (logical/physical): 512B/8388608B
    Partition Table: gpt
    
    Number  Start   End    Size   File system  Name                          Flags
     1      17.4kB  134MB  134MB               Microsoft reserved partition  msftres
    
    (parted) rm 1
    
    # 3TBなのでGPTにする
    (parted) mklabel gpt
    
    # 新しいパーティションを1つ作り、ext4で確保。フォーマットはmkfs.ext4で行う
    (parted) mkpart
    Partition name?  []? DATA3TB
    File system type?  [ext2]? ext4
    Start? 0%
    End? 100%
    
    (parted) p
    Model: External AL2_12345678_0_S (scsi)
    Disk /dev/sdc: 3001GB
    Sector size (logical/physical): 512B/8388608B
    Partition Table: gpt
    
    Number  Start   End     Size    File system  Name     Flags
     1      4381kB  3001GB  3001GB               DATA3TB
    
    # AFTのディスクなのでアラインを調整
    (parted) align-check opt 1
    1 aligned
    
    (parted) p
    Number  Start   End     Size    File system  Name     Flags
     1      4381kB  3001GB  3001GB               DATA3TB
    
    # 終了
    (parted) q
  8. mkfs.ext4でフォーマット。データ用なのでroot用予約領域は0%にして、全ての領域を使うようにした。割とすぐに終わった。
    mkfs.ext4 /dev/sdc1 -m 0
  • hdparmでのベンチマーク(USB2.0)
    hdparm -Tt /dev/sdc1
    
    /dev/sdc1:
     Timing cached reads:   6844 MB in  2.00 seconds = 3423.81 MB/sec
     Timing buffered disk reads:  74 MB in  3.04 seconds =  24.35 MB/sec
  • hdparmでのベンチマーク(eSATA + PITAT-eSATA + CentOS 5.10 x86_64)
    hdparm -Tt /dev/sdb1
    
    /dev/sdb1:
     Timing cached reads:   6684 MB in  2.00 seconds = 3345.75 MB/sec
    HDIO_DRIVE_CMD(null) (wait for flush complete) failed: Inappropriate ioctl for device
     Timing buffered disk reads:  178 MB in  3.01 seconds =  59.19 MB/sec
    HDIO_DRIVE_CMD(null) (wait for flush complete) failed: Inappropriate ioctl for device
  • 適当にマウントして容量の確認
    mount /dev/sdc1 /mnt/disk1
    df -h
    Filesystem                    Size  Used Avail Use% Mounted on
    ...
    /dev/sdc1                     2.7T   73M  2.7T   1% /mnt/disk1

バックアップからリストア

  • コピー前に md5deepでハッシュリストを作るのも良い。壊れたファイルを発見できる
    • ハッシュの作成には、SATA接続HDDの1.1TBのデータに対して、約13時間かかった
  • rsyncでコピー。1.1TBのデータコピーに約13時間かかった
    nohup time rsync -av  --exclude "lost+found" --exclude ".recycle" /opt/backup/ /mnt/disk1/ &

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-15 (土) 07:31:38 (447d)