Memo/Linux/resolv.conf

https://dexlab.net:443/pukiwiki/index.php?Memo/Linux/resolv.conf
 

resolv.conf


DHCP使用時にresolv.confを上書きしない

  • CentOS7.xだと「systemctl restart NetworkManager?」とすると/etc/resolv.confが自動生成される
  • CentOS6.xだと「sudo service network restart」すると、/etc/resolv.conf が自動生成される。

固定IPで運用してる場合や、手動でDNSを設定したい時などは止めたい

  • NetworkManager?を動作させるが、resolve.confの上書きは止めたい場合
    sudo bash -c "echo -e '[main]\ndns=none' > /etc/NetworkManager/conf.d/dns.conf"
    sudo systemctl restart NetworkManager
    
    # /etc/resolv.conf を書き換え後、再度NetworkManagerを再起動。
    # 「dns=none」を入れてNetworkManagerを再起動した直後は /etc/resolv.conf が書き換わる
  • NetworkManager?を止める
    sudo service NetworkManager stop
    sudo chkconfig NetworkManager off
  • DHCPを指定している ifcfg-eth0 に "PEERDNS=no"を追加する
    sudo sh -c 'echo "PEERDNS=no" >>/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0'
  • または ifcfg-eth0 を書き換えて、networkを再起動すると resolv.confも変わる
    sudo sh -c 'echo -e "DNS1=8.8.8.8\nDNS2=8.8.4.4" >>/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0'
    sudo service network restart

手動でのドメイン入力を省略

  • 例:「ssh host1.example.com」への接続を「ssh host1」に省略できる
    vi /etc/resolv.conf
    ----
    search example.com
    ----

DNSサーバを手動で指定する

# vi /etc/resolv.conf

search example.com
nameserver 192.168.1.1
nameserver 192.168.1.2

# service network restart

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-15 (土) 07:31:38 (39d)