雑記/2016-11-03

https://dexlab.net:443/pukiwiki/index.php?%BB%A8%B5%AD/2016-11-03
 

不安定なBuffalo WZR-1750DHP2を分解

  • 現象
  • 通常時はACアダプタを接続するとBuffaloランプが点灯するのだが、不安定でついには点灯しなくなった。
  • DD-WRTをインストールし、しばらくは問題無かったが、数時間後起動しなくなった。
  • 結論
  • ハードウェア故障で復旧は難しい。TFTPでの復旧まで処理が進んでいない。
  • 記事

必要なもの

  • トルクスドライバ(T6)
  • USB UART変換 シリアル接続

分解手順

分解時に固定用ツメが折れやすい。 また、熱源と放熱版が熱伝導シールで強固に接着されているため、分解すると破壊される。

  1. グレーの外枠を外すためにはトルクスドライバが必要だが、フタを開けるだけなら必要ない。しかし、外した方が分解はしやすい。スイッチピンが折れやすいので注意。
    • WZR-1750DHP2.back.jpg
  2. LANコネクタのLED側に基板がある。固定用のツメが複数箇所あるので、マイナスドライバ本体と、フタの間に差し込み、本体側を外側に広げるようにしてツメを外す
    • WZR-1750DHP2.tsume.jpg
  3. フタ側の放熱版とCPUが両面テープで固定されているので慎重にフタを剥がす

USB UARTでシリアル接続

  1. USB UART変換機をPCへ接続
  2. ドライバをインストール。COM3として認識された
  3. USB UART変換機とルータを接続。TXD RXD GNDだけを接続
    • WZR-1750DHP2.uart.jpg
  4. PoderosaまたはRLoginのシリアル接続
    • ポート:COM3
    • ボーレート:115200bps
    • データ:8bit
    • パリティ:なし
    • ストップビット:1ビット
    • フロー制御:なし
  5. ルータの電源を入れる
  6. 取得したログ
    BUFFALO CFE Version 2.02  [DDRCLK:400]
    Memory Test start(0x07E00000) end(0x08000000) size(2097152)
    Data line test start:0x07e00000 pattern 0x00000001 0x00000003 0x00000007 0x0000000F 0x00000005 0x00000015 0x00000055 0xAAAAAAAA 
    Address line test start:0x07e00000 len:0x200000 pattern 0xAAAAAAAA 0x55555555  
    FAILURE: Address bit stuck high @ 0x7e02000: expected 0xaaaaaaaa, actual 0x88bff147
    blinking led 1
  7. ググると電源投入直後にAOSSボタンを押しっぱなしにすることで、TFTPを受け付けるモードに入るはずだが、変わらなかった。TFTPを受け付ける所まで処理が進んでいないのだろう

添付ファイル: fileWZR-1750DHP2.uart.jpg 355件 [詳細] fileWZR-1750DHP2.tsume.jpg 245件 [詳細] fileWZR-1750DHP2.back.jpg 107件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-15 (土) 07:31:38 (8d)