Game/ARK_Survival_Evolved

https://dexlab.net:443/pukiwiki/index.php?Game/ARK_Survival_Evolved
 

ARK:Survival Evolved


サーバ移動

  • 3箇所のオベリスク、ビーコンからアップロードできる。オベリスク間は共通なので、どこからアップロードしても良い。
    • 「ARKデータ」タブ: アイテムをアップロードしたい場合に使う。
    • 「生物」タブ:ペットをアップロードしたい場合に使う。
    • 「貢ぎ物」タブ:ボス転送専用。
  • 1サーバ上のサバイバーは1人のみ。移行先サーバに既にサバイバーがいた場合、ダウンロード時に上書きされるので注意。 もし移行先サーバのサバイバーを保存したい場合、移行先サーバでサバイバーをアップロードしておく
  • 装備やインベントリのアイテム、ペットのインベントリ、ペットのサドルは全てその場に落とす。必要なら外して、アップロードしておく。
  • 一気に多数のアイテムをアップロードすると、黒いウィンドウが出て、数分後timeoutする。アイテムは失われないようなのでまたやり直す。
  • サーバによってはアップロード後、24時間位内にダウンロードしないと消滅するようだ。自鯖(v297.64)の場合、タイムアウトは無かった。

アップロード:

  1. ペットのアップロード
    • オベリスクの範囲内に連れて行き、オベリスクの生物タブがから生物を選び、アップロードする。
  2. アイテムのアップロード
    • オベリスクのARKデータタブを開き、アイテム選択 -> Tキーで移動する。複数一気に選択して移動はできなかった。(v297.64)
  3. サバイバーのアップロード
    • インベントリや装備しているアイテムをアップロード後、最後にサバイバーのアップロードを行う。

クライオポット(Cryopod)の注意点:

  • バッテリーは7日以上充電しておいた方が良い。 (v297.64) バグだと思うが、サーバ移動後、クライオポット取り出した時に、一気に6日分減ったとコメントあり。バッテリ-が3日の場合、取り出すとすぐにDEADになり、ペットは全て死んだ。アップロード -> サーバ移動せずに取り出しでは問題なかった。
    • Cryopod - ARK_Survival_Evolved Wiki*

      サーバー間移動したら充電がいきなり6日分くらい減らされた時はあったなあ。もちろん、6日後に取り出したとかじゃなく。

ダウンロード:

  1. サーバを選択し、サバイバーのダウンロードを選択する。スポーン場所が選択できるが、当然野生動物に襲われるので、急いでオベリスクやビーコンを探す。
  2. オベリスク、ビーコンからアイテムやペットをダウンロードできる。

サーバ一覧


コンソールコマンド


壁の中に埋まってしまった場合

2018-12-31現在、「The Island」でも未だに壁の中に埋まる場合がある。

MODのテレポーターを使った脱出: 肩の上にのったペットも一緒に脱出できる事は確認済み。

  1. REMOTEを持った人が埋まった人のそばで、直接テレポートする。
  2. または、第三者に壁の中に埋まった近くにテレポーターを設置して貰い、範囲を広めた上で、テレポートする。

AdminCommandを使った脱出: 他のプレイヤーを自分の場所にテレポートさせる。近すぎると飛ばないようだ。

  1. Adminパスワードをメモ: arkmanagerの場合は、以下
    grep ark_ServerAdminPassword /etc/arkmanager/instances/main.cfg
  2. チートを有効にする。有効になった場合、他の人から見た名前に★が付くようだ。
    EnableCheats <admin password>
  3. Admin GUIを呼び出す
    ShowMyAdminManager
  4. player一覧が出るので、テレポートさせたいプレイヤーを選択し、以下のコマンドを選ぶ
    TeleportPlayerIDToMe <PlayerID>
  5. player IDをコピーボタンを押して、コマンド実行。

専用サーバの設定

  • 公式サーバ、他人が立てたサーバ、自分が立てたサーバ等ある
  • Dedicated Server Setup Ubuntu 14.04 でのセットアップ方法
    • CPU: AMD Phenom(tm) II X4 905e(2.5GHz)で Load 2.0 程度
    • RAM: 3GB
    • HDD: 25GB (Server version: 755631)
    • 起動には5分程度かかる

MOD:

  • Linuxで arkmanager を使う場合
    • LinuxのMODディレクトリ
      /home/steam/ARK/ShooterGame/Content/Mods/
    • 「GameUserSettings.ini」の「ActiveMods=」にカンマ区切りで、MOD IDを並べる。
    • WindowsのArk Server ManagerでMODのダウンロードができるが、そのままLinuxのModディレクトリへコピーしただけではサーバプロセス起動後、すぐに終了した。
    • Linux上で以下コマンドを実行する必要があった。
      arkmanager installmods

MOD:


RCON: リモート管理ツール

  • iNGen Windows用RCONクライアント

クライアントからサーバが見えない場合

ARKのサーバブラウザから見えない時。

  1. Steamクライアント起動
  2. Steamの表示 > サーバ > お気に入り
  3. サーバを追加
  4. サーバの「Global IP:27015」を追加。LAN内から接続したい場合は、「Private IP:27015」
  5. 選択したゲームサーバーをお気に入りに追加
    • サーバをダブルクリックしてもARKが起動する。しかし「unable to query server info for invite」エラーになる事もあるようだ。
  6. SteamからARKを起動する。
  7. サーバ選択で「お気に入り」を選択し、「参加」でログイン。パスワードが必要なサーバは入力する。

サーバのポート解放チェック

  • ARK:SE JP SERVERS
    • Global IP:27015 でポート解放のチェックができる。
    • サーバ死活監視(ダウンしたら、メール通知)もある。
    • 自分のサーバを登録できる

Windows

  • Ark Server Manager Windows用 管理クライアント
    • SteamCMD
    • GUIで値を設定し、iniファイル出力してくれる。iniファイルの改行コードは「CR/LF」
    • MODの情報を取得するにはSteam Web APIの取得と設定を行う
  • 2018-11-20: server: 3318577: LinuxでASMが出力した「\Profiles\」以下のiniファイルを使う場合、そのままLinuxのディレクトリ(/home/steam/ARK/ShooterGame/Saved/Config/LinuxServer/)にコピーしただけでは、サーバ起動時に初期化されてしまい、設定が反映されなかった。

Linux

  • 設定ファイル
    • /etc/arkmanager/arkmanager.cfg
      • arkmanager自体の設定
    • /etc/arkmanager/instances/main.cfg
      • 1ホストに複数ARK instanceを設定できるようにファイルが分かれている。2つめのinstanceは「main2.cfg」とでもして、サーバ名、ポート等を1つめとは別にする。
      • サーバ名、ポート等の変更はこっちを変更する。GameUserSettings.iniを直接変更しても上書きされる。
    • /home/steam/ARK/ShooterGame/Saved/Config/LinuxServer/GameUserSettings.ini
      • その他サーバ設定:[ServerSettings]セクションに追加する
    • /home/steam/ShooterGame/Saved/Config/LinuxServer/Game.ini
      • XP上限, Level上限等の解除:[/script/shootergame.shootergamemode]セクションに追加
  • arkmanagerコマンド
    sudo -u steam arkmanager status
    # または
    sudo su - steam
    arkmanager status
    
    # Server Online: Yesになるとログインできる。
     Server running:   Yes 
     Server online:   Yes 
     Server version:   742434 
    
    # 起動
    sudo -u steam arkmanager start
    
    # 停止
    sudo -u steam arkmanager stop
  • ログ
    /var/log/arktools/arkmanager.log
    /var/log/arktools/arkserver.log
    /var/log/arktools/update.log
  • Ansibleを使ってUbuntu 12.04 LTSにインストールする例
    • fileansible-ark-20150923.zip
      vi playbook.yml
      ----
          - arkservertools_ark_SessionName: "[JP] Server Name [PvE]"
          - arkservertools_ark_ServerAdminPassword: "adminパスワード"
      ----
      make install
      make ansible
      make backup
  • 自動起動の制御:
    sudo sysv-rc-conf --list arkmanager
    arkmanager   0:off      1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
    
    # 有効
    sudo sysv-rc-conf arkmanager on
    
    # 無効
    sudo sysv-rc-conf arkmanager off

Worldのバックアップ/リストア

  • Worldデータのパス
    /home/steam/ARK/ShooterGame/Saved/SavedArks/
  • バックアップ
    • このコマンドでバックアップされるのは、最新のworldデータと設定だけのようだ。Savedディレクトリ(数GB)と較べて、バックアップ後のファイルサイズがかなり小さい(40MB)。
    • リストアすると、建築物が木や岩に埋まっていた。ユーザが採取したオブジェクトが復活しているように見える。
    • 必要ならSavedディレクトリ丸ごとバックアップしたほうが良いかも。
      sudo su - steam
      arkmanager backup
      
      ls /home/steam/ARK-Backups/2018-11-18/
      main.2018-11-18_20.35.39.tar.bz2
  • リストア
    sudo su - steam
    
    arkmanager stop
    
    rm -f ~/ARK/ShooterGame/Saved/SavedArks/*
    tar xvfj ~/ARK-Backups/2018-11-18/main.2018-11-18_20.35.39.tar.bz2 -C ./
    
    cp 2018-11-18_20.35.39/*.ark* ~/ARK/ShooterGame/Saved/SavedArks/
    cp 2018-11-18_20.35.39/*.ini ~/ARK/ShooterGame/Saved/Config/LinuxServer/
    
    arkmanager start

添付ファイル: fileansible-ark-20150923.zip 557件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-01 (木) 14:36:48 (22d)