AWS(Amazon Web Services)


Copilot: コンテナアプリケーションの自動デプロイ


Location: マップ、位置、ルート


CloudShell


Fluent Bit for Amazon EKS


AMP(Amazon Managed Service for Prometheus)


AMG(Amazon Managed Service for Grafana)

記事:


Step Functions: 複数のjobをワークフローで視覚的に管理


Gateway Load Balancer: サードパーティーのセキュリティ製品を経由してアクセスさせる


Perspective: 現リソースからアーキテクチャ図の作成


Network Firewall: マネージドファイアウォール


Timestream: 時系列データ用DB


Translate: 機械翻訳サービス


QuickSight: マネージドビジネス分析(BI)サービス


監査/Audit

AWSの事はAWSの機能でやるとして、「監査していますよ」と言える状態にするにはどうするのか


SageMaker: 機械学習モデルのマネージドサービス


CodeGuru: 機械学習で遅い(実行コストの高い)コードを見つける


Shield: マネージドDDoS保護


EventBridge: サーバレスのイベントバス


Kendra: 機械学習ベースの検索サービス


AWSサービスのIP range


License Manager: ライセンスの追跡、管理、制御


Service Catalog: IT管理者の許可したリソースをユーザに提供


Cloud9: クラウドベースのIDE


Macie: 機械学習によるS3上アクセスの保護


Googleスプレッドシートでの管理


Stash: AWS関連情報を複数のソースから検索


KMS(Key Management Service): 鍵の管理


CloudGoat: セキュリティ学習用AWS環境


Elemental MediaConvert: 動画変換サービス


Forcast: 機械学習を使用した時系列予測サービス


DataSync: オンプレミスとS3/EFS間の同期


リソースの命名、タグ付け


Global Accelerator: 複数リージョンからのアクセスを固定IPを使って行う


AWS障害時の対応

基本はMultiAZ(3AZ推奨)だが、耐障害性と費用のバランスを考える必要がある。


AppSync: GraphQL&サーバレスでバックエンドを実装


Resource Optimization Recommendations


AWSアカウントの譲渡


Inspector: EC2にagentをインストールして脆弱性診断


EFS(Elastic File System): NFSでストレージをマウント


DMS(Database Migration Service):


Control Tower: 複数アカウントの管理


Service Quotas: サービス上限の一括管理


Security Hub: セキュリティアラートの一元管理


SecretManager: パスワード等の機密情報の管理


Workspaces: 仮想デスクトップサービス


FSx for Windows: SMBファイルサーバー


コンプライアンスの問い合わせ

普通の技術サポートではなく、専用のwebフォームから問い合わせる。


AWSグローバルインフラストラクチャの可視化


Cognito: マネージドユーザ認証


MSK(Amazon Managed Streaming for Kafka)


Kinesis: 動画とストリーミングデータの収集、処理、分析


Lex: AI活用した会話型インタフェース


API Gateway


セキュリティ


Transfer for SFTP: S3をバックエンドにしたSFTP/SCPマネージドサービス


サーバレス

サーバレス構成でよく使うサービス


Lightsail: VPSサービス


サービスの選択


開発プロセス


AWS認定資格


Support: サポート


Glue DataBrew: コードを書かずにデータ前処理


Glue: マネージドETLサービス


中国リージョン


ECS: EC2上でDockerコンテナを管理


Chrome/Firefox拡張機能


ホワイトペーパー: 解決すべき課題、要因を分析、解決策を提示


ベストプラクティス


モバイル(Android/iOS)アプリ


マーケティングEMAILを停止する

複数AWSアカウント使用時に同じメールが来て邪魔。

  1. AWS Email Preferences を開く
  2. AWS root accountを入力
  3. 「Do not send me marketing email」にチェック
  4. Save

DDoS対策


Aurora: MySQL/PostgreSQL互換のデータベース


Redshift: マネージドデータウェアハウスサービス


侵入/脆弱性テスト申請


Windows Server/SQL Server


2段階認証

IAMでのログイン時に2段階認証を利用できる。セキュリティのため利用したほうが良い


IPアドレス範囲


不正利用


SSL Heartbleed bug対応


API上限


ネットワーク図


AWS側のメンテナンス

EC2/RDS等、ハードウェア交換等でOSのリブートやインスタンスのstop/startをするようにとメールが来る場合がある。


Elastic Transcoder


サービス上限緩和の申請


ログ


ヘルスチェック/SLA


構築自動化


セミナー/育成/勉強会


添付ファイル: fileec2cli_vs_awscli.sh 600件 [詳細] filerds-list-tags-for-resource-sample.php 1114件 [詳細] fileec2-describe-instances-sample.php 1008件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-11-22 (月) 14:59:46