AWS(Amazon Web Services)


ec2_metadata_facts: ec2 metadataを参照する

  tasks:
  - ec2_metadata_facts:

CloudFormationのyamlの読み込み


Dynamic Inventory: 動的にinventoryを取得


AWS assume role


コマンドのjson出力を取り込んで、yaml形式で出力する


aws profileを利用する

いつのバージョンから(boto3 module?)か「~/.boto」は不用になった。 assume role利用の際に邪魔になるので、「~/.boto」は作らない方が良い。

「~/.aws/credentials」が既にある場合、ansibleからその中のアクセスキー等を利用したい。
ansibleのawsモジュールには profile: オプションで boto configの値を指定でき、フォーマットはaws configと同じなのでsymlinkで良さそう


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-11-24 (木) 18:42:38